日経BP社は2018年11月28日(水)、29日(木)に『日経クロストレンド EXPO 2018』(会場:東京国際フォーラム)を開催する。企画展示のなかから、注目の展示を紹介する。

AIの進化を画像認識や分析力の実用例で体感しよう

 ディープラーニングによる画像認識、分析が、人々の暮らしや街づくりを変える。例えばビデオカメラが撮影した車両を検出、車種を分類することで、車種に応じた広告掲示や、車線の多い交差点で車線ごとの交通量計測を実現。繁華街で歩行者の顔や行動を認識。従来は困難だったマスクやサングラスを使う人の顔認識精度も飛躍的に向上させた。

 小売りや銀行でもディープラーニングが活躍する。お客の行動を画像認識、分析することで万引きやATM振り込め詐欺を防止したり、商品探しに困っているお客を適切な売り場に導く。この仕組みを活用したのが「無人店舗」だ。ディープラーニングの進化を支える大手半導体メーカー米NVIDIAの技術を活用するパナソニックやオプティム、クラウディアン、アースアイズが展示。「ここまでAIは進んでいるのか!」と実感する画像認識や分析力の実用例を体感できる。

そのほかの注目の展示企画
Amazonが創る「音声ファーストの未来」を実体験、明日の部屋
・ディープラーニングが実現する画像認識・分析の実力を実体験(この記事)
2018年ヒット商品&2019年ヒット予測コーナー
2018年11月28日(水)限定! 「日経クロストレンド EXPO福袋 2018」を先着1000名様にプレゼント
ドリンク配布コーナー「モンスターエナジー」を無料で配布

→「日経クロストレンド EXPO 2018」トップへ戻る