毎日、ニュースサイトをチェックして自分が欲しい情報を見つけ出す作業は骨が折れるが、日経クロストレンドにはあなたの代わりに興味がありそうな記事を自動でピックアップしてくれる機能「マイフィード」がある。その使い方や活用方法を説明しよう。

読者に合ったニュースや連載、特集記事だけを表示

 担当する業務内容によって当然、必要な情報は異なる。日経クロストレンドの「マイフィード」は、最初に簡単な設定をしておくだけで、それぞれの読者に合ったニュースや連載、特集記事だけを表示できる。

 パソコンの場合 

 STEP 1  「マイフィード」を開く

 まず最初に画面上部、左から2番目に並ぶ「マイフィード」を開いて「マイフィードをはじめる」をクリックする。

 STEP 2  興味のあるタグを選ぶ(2種類の選び方あり)

 続いて開く画面で、フォローするタグを選ぶ。例えば「効果効用」グループの中には「シェア拡大」「ブランド価値向上」といったタグが並ぶ。

 タグの選び方は2種類ある。基本的には、タグを1つチェックした後で「選択中のタグをフォロー」ボタンをクリックすると、そのタグが付いた記事が自動的に表示される。

 例えば「#マーケティング戦略」タグが付いた記事と「#外食」タグが付いた記事を読みたい場合は、まず「#マーケティング戦略」タグをチェックした後、フォローボタンを押して登録、その後、再度、「#外食」タグをチェックしてフォローボタンで登録する。そうすると、どちらかのタグが付いた記事が自動表示されるようになる。

 一方、「外食のマーケティング戦略」など、よりピンポイントで記事を読みたい場合は、複数のタグをチェックした後でフォローボタンを押すのがいい。上記の場合、「#マーケティング戦略」「#外食」の2つのタグをチェックした後でフォローボタンを押せば、2つのタグが付いた記事のみを絞り込んで表示する。

●用意されているタグは200種類以上
 表以外にも、企業名や商品名、また媒体名のタグも用意されている。例えば「ソニー」「プリウス」など特定の企業や商品を定点観測するのにも向く。

 STEP 3  タグが登録されて設定完了

 登録したタグは、マイフィード画面の右側に表示される。表示記事を増やすには「タグをフォロー」でタグを追加すればよい。


 スマホの場合 

 スマホでも、同様の手順でタグをつけてマイフィードを活用できる。