マーケティング業界のキーパーソンを数多く輩出するプロクター・アンド・ギャンブル(P&G)の強さの秘密に迫った特集「P&Gマフィア『マーケティングエリート集団はこうして生まれた』」の連動企画。今、マーケターに必要とされるスキル、経験はどのようなものなのか。マーケターの育成にどのような考えで取り組むべきか。「アドバイザリーボード」のメンバーである、元YouTube日本代表で外資系コンサルティングファーム顧問の水野有平氏に聞いた。

今マーケターに必要な「物語力」とは? 元YouTube・水野氏(画像)

 特集「「P&Gマフィア」 ~マーケティング業界を席巻するエリート集団はなぜ生まれたか」では、マーケティング業界でキーパーソンとして目覚ましい活躍をするP&G出身者に焦点を当て、整備されたマーケティングのフレームワーク、徹底された教育体制、充実したトレーニングプログラムなど、彼らの強さの秘密を探った。

 しかし、そのP&Gでさえも、デジタルの浸透によるマーケットや消費者の急速な変化に対応するために、デジタル広告の支出を大幅に削減するなど、正しいマーケティング戦略を描くための策を探すべくもがいている。

 今、マーケターに必要とされるスキル、経験はどのようなものなのか。マーケターの育成にどのような考えで取り組んでいるのか。また、マーケティングを成功に導くうえで、どのようなポイントを重視するべきなのか。日経クロストレンドの“ご意見番”である「アドバイザリーボード」に参加している、元YouTube日本代表で外資系コンサルティングファーム顧問の水野有平氏がコメントを寄せてくれた。