コメント

特集企画などに連動したテーマについて、本誌「アドバイザリーボード」のコメンテーターが独自の視点を披露。マーケターからテクノロジスト、デザイナーまで、第一線で活躍しているプロの多角的な意見を伝える。

目次

  • 2018.08.30
『ゴッドタン』に感涙 プロ魂を感じるお薦め作品
アドバイザリーボードに名を連ねる敏腕マーケターやテクノロジストのお薦め映像作品の第2弾。今回はプロフェッショナル魂に焦点を当てた作品を、パロアルトインサイトCEOの石角友愛氏とプロフェッショナルマーケターの富永朋信氏に選んでもらった。そしてソニー・ミュージックレーベルズEPICレコードジャパン部長の梶望氏には、ソーシャル時代だからこそ“シェア分散型”で人気に火がついたという3作品を挙げてもらった。
  • 2018.08.28
近未来の世界から創造性を刺激する4作品
アドバイザリーボードに名を連ねる敏腕マーケターやテクノロジストがお薦めする映像作品を挙げてもらった。近未来の世界や、今まで経験したことのなかった状況を疑似体験することで、創造性や新たな着想が湧き起こる。今回はマクアケ社長の中山 亮太郎氏、蔦屋家電エンタープライズ 商品企画部 商品調達Unitの木崎 大佑氏、パルコ執行役 林 直孝氏、そしてstudio-L 代表の山崎 亮氏による寄稿。
  • 2018.08.24
サクサク読了! 「人と異なるアプローチ」の必要性が学べる作品
アドバイザリーボードに名を連ねる敏腕マーケターやテクノロジストは、どのような書籍や映画に触れ、どんな学びを得ているのか。夏休みシーズン到来の今、仕事に有用な絶対読むべき書籍、ちょっと息を抜いて示唆に富むマンガも挙げてもらった。第6回は、エステー執行役エグゼクティブ・クリエイティブディレクターの鹿毛康司氏、アクサ生命保険 取締役専務執行役兼チーフマーケティングオフィサーの松田貴夫氏、蔦屋家電エンタープライズ商品企画部の木崎大佑氏による寄稿。
  • 2018.08.16
まちづくり、デザイン思考…「ビジョン」をいかに実現するか
アドバイザリーボードに名を連ねる敏腕マーケターやテクノロジストは、どのような書籍や映画に触れ、どんな学びを得ているのか。夏休みシーズン到来の今、仕事に有用な絶対読むべき課題図書を挙げてもらった。第5回は、アスクル取締役兼CMOの木村美代子氏、資生堂クリエイティブ本部ECDの信藤洋二氏による寄稿。
  • 2018.08.10
「非連続な時代」に抗う思考力・実行力を磨く良書3選
アドバイザリーボードに名を連ねる敏腕マーケターやテクノロジストは、どのような書籍や映画に触れ、どんな学びを得ているのか。夏休みシーズン到来の今、仕事に有用な絶対読むべき課題図書を挙げてもらった。第4回は、トライアルホールディングス取締役副会長の西川晋二氏、パロアルトインサイトCEOの石角友愛氏、オイシックス・ラ・大地執行役員の奥谷孝司氏による寄稿。
  • 2018.08.09
「哲学」「知性」「豊かさ」とは? 仕事に役立つ大人の教養
アドバイザリーボードに名を連ねる敏腕マーケターやテクノロジストは、どのような書籍や映画に触れ、どんな学びを得ているのか。夏休みシーズン到来の今、仕事に有用な絶対読むべき課題図書を挙げてもらった。第3回は、元西友、ドミノ・ピザ ジャパンCMOでプロフェッショナルマーケターの富永朋信氏、ソニー・ミュージックレーベルズ部長の梶望氏、studio-L代表の山崎亮氏による寄稿。
  • 2018.08.08
新事業でイノベーションを起こす人のための指南書3選
アドバイザリーボードに名を連ねる敏腕マーケターやテクノロジストは、どのような書籍や映画に触れ、どんな学びを得ているのか。夏休みシーズン到来の今、仕事に有用な絶対読むべき課題図書を挙げてもらった。第2回は、キリンビール子会社のスプリングバレーブルワリー・和田徹社長、クラウドファンディングのマクアケ・中山亮太郎社長、蔦屋家電エンタープライズ商品企画部の木崎大佑氏による寄稿。
  • 2018.08.07
元P&G音部氏が薦める「マーケティング脳」を鍛える2冊
アドバイザリーボードに名を連ねる敏腕マーケターやテクノロジストは、どのような書籍や映画に触れ、どんな学びを得ているのか。「マーケティング」「テクノロジー」「経営・マネジメント」「自己啓発」「大人の教養(歴史、文学、アート)」といった切り口で、夏休みシーズン到来の今、仕事に有用な絶対読むべき課題図書を挙げてもらった。第1回は、クー・マーケティング・カンパニー代表取締役の音部大輔氏による寄稿。
  • 2018.07.26
アルゴリズムより「筋のいい」アイデア生み出す人材が必要
日経クロストレンドの特集「リクルートの『実戦的』AI活用法」で、同社のさまざまなAI活用事例から、現場で活用されるAIを開発できるポイントを探り当てた。AI活用やデータ分析をビジネス現場に定着させるためには何が重要と思うか、専門家である日本航空の渋谷直正氏に聞いた。同氏は「データ分析は、マーケターやユーザー部門のスタッフが主導してやるべきだ」と言う。
  • 2018.07.17
クルマ業界の荒波を突破する「自己変容できる組織」とは?
業績不振だったUSJ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)を、マーケティング・ノウハウだけではなく、それを実行し、持続成長できる組織に変革することでV字回復に導いた戦略家・マーケターの森岡毅氏。最新刊『マーケティングとは「組織革命」である』(日経BP社)を上梓した同氏のインタビュー記事(USJ再建の森岡毅氏が指摘する「マーケターの悪癖」)のアドバイザリーボード連動企画。

関連特集/連載

コメント