1993年、良品計画入社。店舗勤務を経て生活雑貨の商品企画を担当。02年より3年間スウェーデンに移住、欧州MUJIの商品企画開発に従事。帰国後、良品計画生活雑貨部企画デザイン室でFound MUJIなどを担当。08年、伊勢丹研究所(現、三越伊勢丹研究所)に入社。リビングフロアのディレクションと「moreTrees/鳩時計」「マルニ木工/ふしとカケラ」などの商品企画に携わる。13年より現職。14年から多摩美術大学統合デザイン科非常勤講師

これまで一番達成感を得た仕事は?

 「Found MUJI」「moreTrees/鳩時計」「マルニ木工/ふしとカケラ」「IDEE/POOL」「成田空港第3旅客ターミナル/ソファベンチ他」「MUJI Compact Life/無印良品の小屋」。

 先人の知恵に対する敬意。生産時に発生する端材・B品の笑みある活用。「感じ良いくらし」の公共への応用。

商品・サービス、事業開発で重要だと思うことを3つ挙げてください

① オブザベーション/ユーザーイノベーション
② マイクロコンシダレーション
③ プレゼンテーション

これから仕掛けたいことは?

 デザインの持つ力と可能性の再確認。デザインアーカイブ発信の場づくり。

最近気になっている言葉や現象、技術は?

 シェア、循環、先人の知恵。
 作るとつくらないの境界線。
 アナログとデジタルの感じ良い関係。
 5G/IoT。

尊敬するマーケター、経営者、研究者…と、その理由は?

金井政明、深澤直人、皆川明
 デザイン、アート、クリエーションとビジネスの共存、両立をかなえる人として尊敬しています。

最近、読んだ本で仕事の参考になったものは?

『芸術人類学』(中沢新一著)
『イッセイさんはどこから来たの?』(こいけかづこ著)
 無意識の意識の必然性。人の心の奥、潜在的に存在する創造の力に焦点をあて、人をよく理解し、そこから生まれるクリエーションを考察する視点。生まれたものとその先にある知性や経済、その時のトレンドとの関わりなど、西洋の考えとは異なる視点を再確認できました。

直近のヒット商品、サービスで気になっているものは?

 NINTENDO LABO
 アナログとデジタルの感じ良い関係、こどもへのアプローチ。
 フィンランドMaaS Grobal社のWhimアプリ/サービス
 移動手段を自分で持たない未来。

記憶に残る広告コピーとその理由は?

「くりかえし原点、くりかえし未来。」
 1980年代の無印良品のコピー。進化するためにトライする。失敗したらもともとの思想や理念に立ち戻る。この繰り返しが、変わらないために変わっていく最善の方法だと思っています。