2010年にハーバードビジネススクールでMBAを取得したのち、シリコンバレーのグーグル本社で多数のAIプロジェクトをリードし、HRテックとリテールAIベンチャーを経て2017年にPalo Alto Insightを起業。シリコンバレー発で日本企業に対してAI活用の提案から、ビジネスモデルの構築、AI開発と導入など一貫した支援を提供する。AIビジネス、IT企業やイノベーション、AI時代の新しい働き方や女性活用などで言論活動を積極的に行う。著書に『いまこそ知りたいAIビジネス』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)、『才能の見つけ方 天才の育て方』(文藝春秋)など多数。会社HPは、https://www.paloaltoinsight.com

これまで一番達成感を得た仕事は?

 弊社(パロアルトインサイト)で開発している機械学習を使ったモデルなどがクライアント企業で活用され、そしてビジネスインパクトが出たときです。

商品・サービス、事業開発で重要だと思うことを3つ挙げてください

① スピード(開発、フィードバックの速さなど)
② 提案力(ふわふわしたアイデアを具体的なプロダクト要件に落とし込む力)
③ 検証力(効果測定をどのようにするか)

これから仕掛けたいことは?

 データサイエンティストのシェアリングエコノミー化。

最近気になっている言葉や現象、技術は?

 サーバーレス、またはFaaS (Function as a Service)。これらの普及で開発コスト構造が根本から変わり、求められている技術者のスキルが劇的に変わると予想される。

尊敬するマーケター、経営者、研究者…と、その理由は?

Steve Jobs
 アップルの製品で人生が変わったから。リベラルアーツとテクノロジーの交差点にいるというアップルのビジョンを作ったのがSteveであり、弊社も同じビジョンで会社を経営している。つまり、弊社は機械学習とリベラルアーツの交差点におり、問題は技術単体で解決できないと考えている。

Melinda Gates
 女性の社会進出に対して一番真剣に取り組んでいるリーダーの一人。ビル&メリンダ財団でのメリンダ氏の活動は心を揺さぶられるものがある。自身でアフリカの現場に足を運び、医療問題を解決している姿に鼓舞される。

Clayton Christensen
 我が母校、ハーバードビジネススクールの尊敬する教授であり真のイノベーター。業界を超えて大きなコンセプト「イノベーションのジレンマ」を提唱したことの価値は大きく、家族を愛する人柄も尊敬に値する。

David Heinemeier Hansson
 「37signals(後のBasecamp)」というリモートワークでエンジニアを動かしているビジネスの先駆け企業の創設者であり、Ruby on Railsの開発者(DHHの名で知られる)。データサイエンティストのシェアリングエコノミー化を行なっている我々には大きな存在であり、「ReWork: Change the Way You Work Forever」と「Remote: Office Not Required」という著書は数年前に読んだ。Ruby on Railsが開発されていなければ、ツイッターもAirbnbもない。

最近、読んだ本で仕事の参考になったものは?

「Data for the people」 by Andreas Weigend
 日本語では「アマゾノミクス」というタイトル。アマゾンの元チーフサイエンティストが書いた本で、データを精製する会社の今後や、プライバシーに関することなどが網羅されていて、具体的なユースケースも満載で面白かったです。