「ロハコと組むと商品が売れる」――。インターネット通販サービス「LOHACO」(ロハコ)がオリジナル商品の展開を拡大しようとしている。コラボを希望するメーカーが殺到しているからだ。東京ミッドタウンで2016年10月28日から11月6日まで開催された「暮らしになじむLOHACO展2016」で展示されたオリジナル商品の数々から、その人気の理由を探った。

ロハコとコラボした国内のメーカー36社が参加し、デザイン商品47点を展示。10月28日から11月6日まで、東京ミッドタウン ガレリア地下1階催事スペースにて開催
ロハコとコラボした国内のメーカー36社が参加し、デザイン商品47点を展示。10月28日から11月6日まで、東京ミッドタウン ガレリア地下1階催事スペースにて開催
[画像のクリックで拡大表示]

 ロハコでは洗剤や水、トイレットペーパーなどの日用品を多数取り扱っている。1900円以上購入すると送料無料、注文日に即日配送されるといった利便性の高さが、仕事や子育てに忙しい女性のニーズをキャッチ。日用品以外にも、「無印良品」「ディーンアンドデルーカ」など人気専門店の商品や資生堂、花王などの化粧品まで扱い、30~40代女性を中心に支持されている。

 そのロハコは2015年から、国内メーカーとコラボレーションし、“ユーザーの日常生活になじむデザイン”をコンセプトにしたオリジナル商品の展開を開始。“コンシューマーブランド(以下、CB)”と名付け、ロハコ限定で販売している。

 なかでも2015年2月に発売した花王「リセッシュ 除菌EX ナチュラルストーンデザインボトル」は商品ロゴを強調しないシンプルなデザインが受け、初動10日ではロハコ内での他のリセッシュの合計販売数の12倍を売り上げたという。さらに販売開始から8カ月では、同じリセッシュ 除菌EXシリーズの通常品の7.5倍の売り上げを記録した。

左が花王「リセッシュ 除菌EX」。パッケージは2017年2月6日発売予定のもの
左が花王「リセッシュ 除菌EX」。パッケージは2017年2月6日発売予定のもの
[画像のクリックで拡大表示]
日清食品「カップヌードルストッカー」。家庭にストップされるカップヌードルを「見せる収納」として提案。デザインは他に1種類。2016年11月発売予定
日清食品「カップヌードルストッカー」。家庭にストップされるカップヌードルを「見せる収納」として提案。デザインは他に1種類。2016年11月発売予定
[画像のクリックで拡大表示]
マルコメ「おみそしるのうた♪」。家庭だけではなくオフィスでも、手を汚さすにみそ汁が飲めるように、粉末タイプのみそを使用している。筒型容器入り。2016年11月中旬発売予定
マルコメ「おみそしるのうた♪」。家庭だけではなくオフィスでも、手を汚さすにみそ汁が飲めるように、粉末タイプのみそを使用している。筒型容器入り。2016年11月中旬発売予定
[画像のクリックで拡大表示]

 CB商品には既存品のパッケージを変更しただけのものもあれば、商品自体をゼロから作り上げたものも。CBが成功した秘訣はどこにあるのか。ロハコを運営するアスクルの木村美代子CMO(チーフマーケティングオフィサー)に聞いた。