2019年、ヒット商品のトレンドは?

 続いて「2019年ヒット予測ランキング」が発表された。これは、来年にかけて登場する商品、サービス、施設の中からヒットを予測したもの。売り上げだけでなく業界への影響、消費者へのインパクトなども考慮して総合的に評価している。

 「2019年は、増税、元号が変わる、大型連休や臨時の連休があるなど、実は分かってることが多い年」という佐藤編集長が1位として挙げたのは「デカトロン&ワークマンプラス」。デカトロンはフランスのブランドで、ワークマンプラスは作業服専門店で知られる「ワークマン」のカジュアルブランド。どちらもコストパフォーマンスの高い機能性ウェアが魅力だ。低価格&高機能ウェアの市場はまだ未開拓であり、4000億円市場になるともいわれている。

 佐藤編集長はデカトロンの軽量なナップザックをステージで紹介すると、3人に価格を予想してもらった。「当てにいきますよ」と宣言する田中さんは2900円、白石さんは3500円ぐらい、中村さんはすみずみまで確認して1900円と予想。しかし佐藤編集長の答えはなんと「350円」。あまりの安さにステージの3人を含めて会場からは驚きの声が上がった。

デカトロンの軽量なナップザックを試す中村さん
デカトロンの軽量なナップザックを試す中村さん
[画像のクリックで拡大表示]

 「2018年ヒット商品ベスト30」と「2019年ヒット予測ランキング」の詳しい内容は、11月2日発売の日経トレンディ12月号で紹介しているほか、11月28日、29日に開催する「日経クロストレンド EXPO 2018」の会場でも展示される。

日経トレンディが18年ヒット商品ベスト30を発表!(画像)
[画像のクリックで拡大表示]

(文/湯浅英夫、写真/中村宏)