水上バスで「知られざる名所」も観光できる!

 また、トリトンラインと呼ばれる名古屋港水上バスは、金城ふ頭から植物園「ブルーボネット」のある潮見ふ頭、名古屋港水族館のあるガーデンふ頭を30分で結んでいる。従来からあったルートだが、レゴランド・ジャパンのオープンにより、利用客は増加するだろう。これまで点在していた名古屋港の観光施設が線でつながるこのルートをもっとアピールできれば、ベイエリア全体の活性化にもつながりそうだ。

「ブルーボネット」は自然風庭園をコンセプトに、野草や比較的手がかからない品種を集めた植物園。休館日は毎週月曜日(祝日を除く)。入園料は大人300円、小・中学生150円。未就学児は無料
「ブルーボネット」は自然風庭園をコンセプトに、野草や比較的手がかからない品種を集めた植物園。休館日は毎週月曜日(祝日を除く)。入園料は大人300円、小・中学生150円。未就学児は無料
[画像のクリックで拡大表示]
「名古屋港水族館」は、延床面積日本一の大型水族館。世界最大級の屋外水槽で行われるダイナミックなイルカやシャチのショーが人気
「名古屋港水族館」は、延床面積日本一の大型水族館。世界最大級の屋外水槽で行われるダイナミックなイルカやシャチのショーが人気
[画像のクリックで拡大表示]

 2018年にはレゴランドホテルの開業も予定されている金城ふ頭。にわかに活気づいてきた名古屋港ベイエリアが、東京・お台場に並ぶ一大観光エリアとなる日も遠くないかもしれない。

(文/大竹敏之)