金城ふ頭は「年に1回か2回しか行かない」場所だった

 「レゴランド・ジャパンとの相乗効果で、金城ふ頭が名古屋の新観光名所となることを期待している」とメイカーズピアの運営担当者は話すが、そもそもこのエリアは名古屋市民にとって、観光ではなく物流の要所として考えられていた場所だ。

 名古屋港は日本一の自動車輸出台数を誇る物流の拠点。このたび新施設がオープンした金城ふ頭は、名古屋港の中でも最南端に位置し、市の中心部からは15㎞以上の距離がある。鉄道でのアクセスは、2004年に全線開業した名古屋臨海高速鉄道西名古屋港線(通称、あおなみ線)のみ。2011年にオープンした、リニア・鉄道館は初年度こそ来館者数100万人を突破したものの、近年は50万人から60万人台で推移している。名古屋市民にとって、金城ふ頭は名古屋市国際展示場(ポートメッセなごや)でモーターショーや音楽イベントなどが開かれたときなど、年に1回か2回、クルマで行く場所という認識だった。

2011年3月にJR東海がオープンした「リニア・鉄道館」は金城ふ頭駅から徒歩2分の場所にある
2011年3月にJR東海がオープンした「リニア・鉄道館」は金城ふ頭駅から徒歩2分の場所にある
[画像のクリックで拡大表示]

駐車場整備と鉄道ダイヤ改正でアクセスの弱点を解消

 だが、レゴランド・ジャパンの開業が決まり、名古屋市に拠点を置く不動産デベロッパーがメイカーズピアの開発に乗り出すと、市も交通整備に着手し、5000台が収容できる名古屋市金城ふ頭駐車場を建設。駐車場とメイカーズピアを歩行者デッキで結び、メイカーズピアに隣接するレゴランドへも徒歩数分でアクセスできるようにした。また、鉄道利用者向けには、金城ふ頭駅からメイカーズピアまでをつなぐ歩行者用デッキも整備した。

市営金城ふ頭駐車場。伊勢湾岸自動車道の出口からほぼダイレクトにつながるようにするなど、遠方からの利用者も意識した。駐車料金は1日最大平日1000円、休日1500円
市営金城ふ頭駐車場。伊勢湾岸自動車道の出口からほぼダイレクトにつながるようにするなど、遠方からの利用者も意識した。駐車料金は1日最大平日1000円、休日1500円
[画像のクリックで拡大表示]

 「レゴランドのオープンで金城ふ頭の来訪者は従来の年間250万人程度から2倍の550万人ほどに膨れ上がると見込んでいる。今後は、レゴランド・ジャパンの開業特需による混雑を見据えた交通誘導対策を実施していく」と、名古屋市の担当者は説明する。

 また、あおなみ線もレゴランド・ジャパンの開業に向けてノンストップ便を試験運転したところ、通常24分かかっていた名古屋―金城ふ頭間を最速17分に短縮することができた。2017年4月以降も、ノンストップ便の運行をダイヤに組み入れていく方針だという。