2017年12月13日、東京・六本木のニコファーレで「闘会議2018」の発表会が開催された。2018年2月に開催予定の闘会議2018は、国内でのeスポーツの歴史的な転換点になるかもしれないという。

 カドカワ傘下のドワンゴが運営するniconicoと、同じくカドカワの傘下であるGzブレインが闘会議2018の発表会を開催。来年2月10、11日の2日間に幕張メッセで開催予定の同イベントの概要を発表した。

「闘会議2018 発表会」を開催
「闘会議2018 発表会」を開催
[画像のクリックで拡大表示]

 「闘会議」とは、さまざまなタイトルのゲーム大会を中心としたファン参加型の一大イベントだ。2015年から始まり、毎年来場者を大きく伸ばした。今年2月に開催された「闘会議2017」では、アーケードゲームの展示発表会「ジャパンアミューズメントエキスポ」と同時開催となったこともあり、6万8000人以上の来場者が訪れた。

 加えて、11月18日には、一般社団法人デジタルメディア協会(AMD)が闘会議2018に賞金1000万円を拠出すると表明(関連記事:デジタルメディア協会がeスポーツ大会の賞金を支援)。今回の発表会については、「世界的ムーブメントとなり、いよいよ国内でも本格始動する“eスポーツ”の新たな取り組みについて」明らかにするという事前告知もされていたことから、ゲームに関心のある報道関係者から注目されていた。

左からホスト役を務めた夏野 剛氏と、司会進行役の中野 真氏、奥井晶久氏
左からホスト役を務めた夏野 剛氏と、司会進行役の中野 真氏、奥井晶久氏
[画像のクリックで拡大表示]

「第3回 スプラトゥーン甲子園」などを発表

 まずはドワンゴ取締役の夏野剛氏をホストに、「闘会議2018」運営長の中野真氏、同じく運営の奥井晶久氏による司会進行で「闘会議2018」の大会概要や、パートナー企業、パートナー企画などを発表した。

 パートナー企業は、特別パートナーである任天堂を筆頭に、バンダイナムコエンターテインメント、ユービーアイソフト、ガンホー・オンライン・エンターテイメント、スクウェア・エニックス、カプコン、コナミデジタルエンタテインメントなどが名を連ねる。

 同時に複数のパートナー企画が発表された。その中で、注目度の高さでいえば、任天堂による「第3回 スプラトゥーン甲子園」が一番だろう。Nintendo Switchで大ヒットを続ける『スプラトゥーン2』を使った初の大会になるということで、観客席に座る来場者たちの反応からも期待のほどが見て取れた。

 さらに、現時点ではタイトルは未定ながら、PlayStationの特別出展、『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS(PUBG)』でのDMM GAMESの特別協力も発表された。