2017年6月1~4日に、東京ビッグサイトで「東京おもちゃショー2017」が開催された。玩具の国内市場規模は3年連続で8000億円を超えるなど順調に伸びていることもあり、今年も各メーカーがそれぞれの個性を発揮する展示となっていた。

 おもちゃショーはバンダイ、セガトイズ、タカラトミーといった大手が大きなブースを構えてキャラクター系からアイデア系まで幅広く展開するのに対し、それに続くカワダ、エポック社、テンヨー、メガハウス、ビバリー、アガツマといったメーカーが独自色を打ち出す、といった構造が続いている。今回は、それに加えてソニーが新たに開発した知育玩具の初お披露目を行うなどの試みもあった。

 市場を支えているのは、IP(知的財産)関連の製品。つまり、タカラトミーの「トミカ」「プラレール」「リカちゃん」、バンダイの「仮面ライダー」「戦隊シリーズ」「プリキュア」、エポック社の「シルバニアファミリー」。それにアガツマ、ジョイパレット、セガトイズ、バンダイが展開する「アンパンマン」という定番が並ぶ。

 毎年、これらのキャラクター玩具のコーナーは新しい展開を見せてにぎわっているが、今年は例年以上に、これらのキャラクターモノを含むロングセラーの玩具や、懐かしい玩具に新しい視点を加えた製品がそろっていたように思う。例えば、今年50周年を迎えたタカラトミー「リカちゃん」シリーズの新作「キラチェンリカちゃん」(4980円、7月発売予定)は付属のライトを髪に当てることで、髪の色がピンクからブルーに変化するというもの。光を長く当てると色が濃くなるという分かりやすさが良い。そして、ウィッグでなく光で変化させるというのが現代風だ。さすがは着せ替え人形のトップランナー。

タカラトミー「キラチェンリカちゃん」(4980円)、7月発売予定。このように付属のライトで光を当てると髪の色が変わる
[画像のクリックで拡大表示]
こちらは、「キラチェンさくらちゃん」(4980円)、7月発売予定。青い髪が一部パープルに変わっているのが分かる
[画像のクリックで拡大表示]