ベストセラーおもちゃが現代風にリニューアル

 定番玩具の進化形としては、同じくタカラトミーの「人生ゲーム MOVE!」(3980円)も面白い。従来、ルーレットによってプレイヤーの人生が変化するゲームだった「人生ゲーム」に、運命の変化を追加。メイン、天気、職業、結婚という、4つの世界の運命をつかさどる「歯車(ギア)」を回すことで、盤上の世界のルールや運命が変わっていくのだ。つまり、誰かが回した歯車によって、他のプレイヤーの人生も左右されるということ。自分の力や運ではどうすることもできない大きな力が作用するわけで、リアルな人生により近いシミュレーションになっているのだ。

タカラトミー「人生ゲーム MOVE!」(3980円)。ルーレットの周囲にある4つの歯車が、プレイヤー全員の運命を変える
タカラトミー「人生ゲーム MOVE!」(3980円)。ルーレットの周囲にある4つの歯車が、プレイヤー全員の運命を変える
[画像のクリックで拡大表示]

 カワダの「nano Room」(300~2600円、7月7日発売予定)は、昔で言うところの「おままごとセット」のようなもの。ただ違うのは、おままごとサイズの小さなイスや机、ソファといった家具を自分で作るキットになっていること。木や布をボンドで貼り付けて作る本格的なものだ。最近のおままごとセットは女の子だけでなく男の子にも売れているそうなので、こういうマニアックな方向も現代的なのかもしれない。

カワダ「nano Room」(300~2600円)、7月7日発売予定。ソファなどの単品から部屋の家具をそろえたセットまである
カワダ「nano Room」(300~2600円)、7月7日発売予定。ソファなどの単品から部屋の家具をそろえたセットまである
[画像のクリックで拡大表示]
小さいが、木と布で作る本格的なミニチュア家具なのだ
小さいが、木と布で作る本格的なミニチュア家具なのだ
[画像のクリックで拡大表示]
このように家具と合わせるフィギュアなども用意されているので、本格的に遊べる
このように家具と合わせるフィギュアなども用意されているので、本格的に遊べる
[画像のクリックで拡大表示]

 同じくカワダのブースでは、「タイムクラッシュ」(2800円、6月30日発売予定)も展示されていた。時間内に穴と同じ形のパーツをはめ込まないと、最後は全部がガシャンと飛び出すゲームのリニューアル版だ。これもまた、定番玩具の見直し的商品だろう。さまざまな形の穴が開いた本体デザインは、改めて見ると現代アートのような趣がある。

カワダ「タイムクラッシュ」(2800円)、6月30日発売予定
カワダ「タイムクラッシュ」(2800円)、6月30日発売予定
[画像のクリックで拡大表示]

 ビバリーが大々的に「スピログラフ」を新製品として展開しているのも興味深かった。スピログラフとは、歯車状のパーツの穴に筆記具を差し込んでグルグル回すだけで、キレイな曲線の幾何学模様が描ける定規。

 ブースでは2014年に同社が発売した「スピログラフデラックス」「スピログラフスタンダード」「スピログラフトラベル」の新製品「スピログラフジュニア」(4500円、6月発売予定)が展示されていた。これは、より小さな子ども向けのスピログラフ。スピログラフは50年前にも普通に売っていた玩具だが、それを紙もセットできるオールインワンの製品にして、魔法の道具的な演出で見せているのが新しい。

ビバリー「スピログラフジュニア」(4500円)、6月発売予定。対象年齢3歳からの小さい子ども向けセット
ビバリー「スピログラフジュニア」(4500円)、6月発売予定。対象年齢3歳からの小さい子ども向けセット
[画像のクリックで拡大表示]
スピログラフでワッペンなどを作るのも楽しい
スピログラフでワッペンなどを作るのも楽しい
[画像のクリックで拡大表示]