「米のヒット甲子園2018」で大賞米の座を射止めた、新潟県の「新之助」。「コシヒカリ」を擁する新潟県が満を持して生産を始めた新ブランド米は、いったいどのような米なのか。生産地を訪れた。

おいしい米を生み出すのが新潟県の責務

 新潟県で「新之助」の開発が始まったのは、2008年。「コシヒカリ」というトップブランドがあるにもかかわらず、新品種の開発に着手したのは、温暖化対策と台風などの気象災害を回避するためだった。目指したのは、高温への耐性があり、強風でも倒れない品種だ。

2018年は台風の影響で、稲がなぎ倒される光景が各地で見られた。台風にも負けない強さを備えるべく、「新之助」の稲は「コシヒカリ」よりも10cmほど短い(写真提供:髙塚俊郎氏)
2018年は台風の影響で、稲がなぎ倒される光景が各地で見られた。台風にも負けない強さを備えるべく、「新之助」の稲は「コシヒカリ」よりも10cmほど短い(写真提供:髙塚俊郎氏)
[画像のクリックで拡大表示]

 「どんな状況だろうと、おいしいお米を求める声に半永久的にこたえるのが、日本一の米どころ新潟の責務だと思っていますから」と語るのは、新潟県農林水産部農業総務課の神部淳政策室長。

 ただし新潟県には、早生品種の「こしいぶき」、中生品種の「コシヒカリ」がある。これらの米と収穫時期がバッティングしてしまっては、生産者にとってもメリットがない。そのため、新品種は晩生品種として開発された。そして、約20万株の候補から選抜を繰り返し、最終的に選ばれたのが新之助だ。

 「通常は1年に1度しかできない開発工程を2度行うため、石垣島でも栽培し、世代を促進させ、開発のスピードアップを図りました。それでも、開発には8年かかりましたね。新潟県内の、どの地で、どの方が作っても間違いなくおいしいという評価をいただくために、生産者には厳しい要件を設けています」(神部室長)

「赤白のパッケージは贈答にも使用できるよう、めでたさを演出しました」と神部室長。また、女性的な印象の名前の米が多い中で埋没しないよう、現代的な日本男児をイメージさせるネーミングを採用した
「赤白のパッケージは贈答にも使用できるよう、めでたさを演出しました」と神部室長。また、女性的な印象の名前の米が多い中で埋没しないよう、現代的な日本男児をイメージさせるネーミングを採用した
[画像のクリックで拡大表示]

 こうして生まれた新之助は、硬く大粒で、コクと甘みが強いという、主力品種であるコシヒカリとは異なるベクトルのおいしさが特徴だ。「特に『冷めてもおいしい』という点が、消費者には高く評価されているようです」(神部室長)。

 とはいえ、新之助は決してコシヒカリの代替種ではない。「県が目指すのは、新之助がコシヒカリと双璧をなすトップブランドとして確立していくことです」と神部室長。日本一の米どころを自負する県の挑戦は、まだ始まったばかりだ。