KONAMIは東京ゲームショウ2018のステージイベント「野球タイトルスペシャルステージ」を開催。プロ野球史上初のeスポーツリーグ、「eBASEBALL パワプロ・プロリーグ」の選手ドラフト、その名も「eドラフト会議」の詳細を発表した。

選手の報酬総額は1200万円!

 「eBASEBALL パワプロ・プロリーグ」とは、「パワプロ」の略称でおなじみの野球ゲーム『実況パワフルプロ野球2018』を使用したeスポーツのこと。KONAMIとNPB(日本野球機構)が開催する。

 選手の報酬総額はなんと1200万円。11月からスタートするにあたり、プロテストを勝ち抜いた36人のプレーヤーが、プロ野球12球団によって指名されるeドラフト会議が9月29日に実施される。

 eドラフト会議でまず驚かされたのが、会場として品川プリンスホテルを使用すること。KONAMIの谷渕エグゼクティブディレクターよると、「実際のドラフト会議が行われる、すぐとなりの部屋を使用します」とのこと。しかも、プロ野球12球団の関係者が、それぞれテーブルを囲んで座るような形にして実施したいというのだから本格的だ。指名の方法も本物と同様に、1、2巡目の希望選手は自由で、重複があった場合は抽選となり、3巡目はウェーバー方式で行われる。

 また、「各球団のOBやマスコットも参加し、もしかしたらマスコットがクジを引くことになるかも?」(谷渕氏)という注目のコメントもあった。さらに、こちらもプロ野球史上初となる、eスポーツリーグ12球団をモチーフとした専用ユニフォームが初めて公開される。

 なお、eドラフト会議の模様は、9月29日の10時45分からKONAMIのYouTube公式チャンネルでライブ配信される。ゲストには、前東京ヤクルトスワローズ監督の真中満さんと、同じくヤクルトOBで元メジャーリーガーの岩村明憲さんが登場することも併せて発表された。

司会進行役は、「パワプロ」シリーズの実況役でもある清水久嗣アナ(左)と、KONAMIの谷渕エグゼクティブディレクター(右)
司会進行役は、「パワプロ」シリーズの実況役でもある清水久嗣アナ(左)と、KONAMIの谷渕エグゼクティブディレクター(右)
[画像のクリックで拡大表示]
「eBASEBALL パワプロ・プロリーグ」の大会方式は、本物のプロ野球と同様にセ・パ両リーグに分かれてリーグ戦を行った後、プレーオフを経て日本シリーズを戦い日本一の座を争う
「eBASEBALL パワプロ・プロリーグ」の大会方式は、本物のプロ野球と同様にセ・パ両リーグに分かれてリーグ戦を行った後、プレーオフを経て日本シリーズを戦い日本一の座を争う
[画像のクリックで拡大表示]
ゲストとして招かれた、eドラフト指名候補のさんらいく選手とたいじ選手。意中の球団はご両名ともホークスとのことだが、果たして運命やいかに?
ゲストとして招かれた、eドラフト指名候補のさんらいく選手とたいじ選手。意中の球団はご両名ともホークスとのことだが、果たして運命やいかに?
[画像のクリックで拡大表示]
eドラフト会議の特別ゲストは、なんと真中満さんと岩村明憲さん。22日(土)の「eBASEBALL パワプロ・プロリーグ」ステージイベントにも出演予定だ
eドラフト会議の特別ゲストは、なんと真中満さんと岩村明憲さん。22日(土)の「eBASEBALL パワプロ・プロリーグ」ステージイベントにも出演予定だ
[画像のクリックで拡大表示]