KONAMIは東京ゲームショウ2018の開催初日となる20日(木)のステージイベントにおいて、モバイル版(Android/iOS版)のサッカーゲーム最新作『ウイニングイレブン2019』(以下『ウイイレ2019』)を12月上旬に配信することを発表した。

 『ウイイレ2019』は、コンシューマー(家庭用機)版の『ウイニングイレブン2019』と同じゲームエンジン「Unreal Engine 4」で開発されたことで、従来のモバイル版『ウイニングイレブン2018』では秒間30フレームだったのに対し、60フレームにグレードアップ。ステージではトッププレーヤー同士によるエキシビジョンマッチが行われたが、60フレームになったことで選手たちがより滑らかに、かつ美しく動く様子がはっきりと見て取れた。

モバイル版『ウイイレ2019』のステージイベント進行役は、ゲームの実況担当でおなじみのジョン・カビラさん(右)と平岩康佑アナウンサー(左)
モバイル版『ウイイレ2019』のステージイベント進行役は、ゲームの実況担当でおなじみのジョン・カビラさん(右)と平岩康佑アナウンサー(左)
[画像のクリックで拡大表示]
J1リーグだけでなく、J2リーグのチームもすべて登場。地元のひいきのチームを使って遊べるのも、本作の大きな魅力となることだろう
J1リーグだけでなく、J2リーグのチームもすべて登場。地元のひいきのチームを使って遊べるのも、本作の大きな魅力となることだろう
[画像のクリックで拡大表示]