『バイオハザード2』といえばホラーゲームの先駆けにして、そのカテゴリーを確立した名作。その名作をリメイクしたのが『バイオハザードRE:2』だ。

  グラフィックはもちろんのこと、ストーリーや背景の構成まで一新。初めて遊ぶ人も、『バイオ2』をプレーしたことがある人もその恐怖に引き込まれること間違いなしだ。対応プラットフォームはPlayStation4、Xbox One、Steamで、2019年1月25日にで発売予定。

『バイオハザードRE:2』コーナーの前に、リアルなゾンビがいたので、一緒に撮影させていただきました
『バイオハザードRE:2』コーナーの前に、リアルなゾンビがいたので、一緒に撮影させていただきました
[画像のクリックで拡大表示]

 カプコンブースの『バイオハザードRE:2』コーナーは、舞台である洋館をイメージした閉鎖空間。もちろんメインは試遊となっており、存分に『バイオハザードRE:2』の世界を楽しめる。

 試遊ではレオンとクレアのそれぞれのプレーが楽しめる。15分経過すると自動的に終了するようになっているが、それでも『バイオハザードRE:2』を知るには十分過ぎる時間だ。

 コンパニオンさんの説明によると、レオンは探索がメイン、クレアはボス戦がメインとのこと。まずはレオンで操作を慣れておきたいところだ。

 誰もいない洋館の探索をするレオンがPCの防犯カメラから仲間の警察官が助けを求めていることを知り、助けに向かう。ゾンビに襲われながらも、助けに向かった警察官から受け取った手帳を手がかりに探索を行う。

 とにかくゾンビやゾンビに殺された人たちの表現がえぐすぎる。これだけですでに怖い。周りに人がいることがわかっているから平静を装っているが、これを家でひとり、夜中に遊んでいたら確実に駄目なやつだ。とはいえ、なんとかレオン編をクリア。次はクレアだ。

まずはレオン編から。洋館の仕組みとか仲間の所在とか調べたいんだが、ゾンビがいつでるか気がかりで集中するのが難しい
まずはレオン編から。洋館の仕組みとか仲間の所在とか調べたいんだが、ゾンビがいつでるか気がかりで集中するのが難しい
[画像のクリックで拡大表示]
やばい、やばい、来るなって。プレイしたのはPS4版ですが、こんなにもリアルになっている
やばい、やばい、来るなって。プレイしたのはPS4版ですが、こんなにもリアルになっている
[画像のクリックで拡大表示]