東京ゲームショウ直前までまったく情報が発信されなかった『カプコン ベルトアクション コレクション』。しかも発表されて間もなく、東京ゲームショウのビジネスデイの初日である9月20日にダウンロード配信が開始するという驚く展開でリリースされた。

 東京ゲームショウでも当然プレイアブルの試遊台を設置しており、すべてのタイトルから選んで遊ぶことができる。

『カプコン ベルトアクション コレクション』は『ストリートファイター30thアニバーサリーコレクション インターナショナル』と同じコーナーに試遊台を設置
『カプコン ベルトアクション コレクション』は『ストリートファイター30thアニバーサリーコレクション インターナショナル』と同じコーナーに試遊台を設置
[画像のクリックで拡大表示]

 収録されているタイトルは全部で7タイトル。ベルトアクションの王道にして代表作といえる『ファイナルファイト』、カプコンを代表するキャラクターの『キャプテンコマンドー』、RPG要素を取り込んだ『ザ・キングオブドラゴンズ』『ナイツ オブ ラウンド』、本宮ひろ志原作の『天地を喰らうII 赤壁の戦い』、コンシューマー初移植となる『パワード ギア』『バトルサーキット』。

 すべてのタイトルでマルチプレイはもちろん、オンライン協力プレイも可能だ。