東京ゲームショウ2017の一般公開日1日目にあたる9月23日、コーエーテクモゲームスブース内メインステージでは、「コーエーテクモ コスプレコンテスト in TGS2017 ステージ/生中継」が開催された。昨年こそ開催されなかったものの、実はコスプレコンテストは、同社ブースで恒例となっているイベント。2年ぶり6回目となる今回は、多数の応募者のなかから7名の候補者が選出され、グランプリの座を競った。

審査員長を務めたコーエーテクモゲームスの鯉沼久史社長。審査員長自ら『進撃の巨人』調査兵団のコスプレで登場し、場内を沸かせていた
審査員長を務めたコーエーテクモゲームスの鯉沼久史社長。審査員長自ら『進撃の巨人』調査兵団のコスプレで登場し、場内を沸かせていた
[画像のクリックで拡大表示]

 同社ブース内の投票箱などを使った一般投票では1位が10点、2位が7点、3位が5点、ニコニコ生放送での同時中継ではコメント数がもっとも多かった候補者が10点を獲得。加えて審査員が10点満点で採点を行い、これらのスコアを集計する。それによって、コーエーテクモ賞、審査員特別賞、グランプリの3人を選出する、というのが今回のレギュレーションだ。

コンテストの開始に際し、コンテストのルールに関する解説が行われた。来場者や生中継視聴者の得票も加算されるという新しさが、TGSならでは
コンテストの開始に際し、コンテストのルールに関する解説が行われた。来場者や生中継視聴者の得票も加算されるという新しさが、TGSならでは
[画像のクリックで拡大表示]
コーエーテクモゲームスのブースに置かれていた投票箱。23日、つまりコンテストの当日午前中まで投票を受け付けていた
コーエーテクモゲームスのブースに置かれていた投票箱。23日、つまりコンテストの当日午前中まで投票を受け付けていた
[画像のクリックで拡大表示]

 MCの野口菜菜さんの紹介で登壇したのは、審査員長を務めるコーエーテクモゲームスの鯉沼久史社長。なんと鯉沼社長も自身がプロデューサーを務める来年発売予定の『進撃の巨人2』にちなみ、自由の翼を背負う調査兵団のコスプレ姿でステージへと現れた。

 続いて、審査員を務めるコスプレモードアドバイザーのジャッキー道斎さん、声優の小野坂昌也さんが登場。いよいよ1人目のコスプレイヤーが紹介されるのかと思いきや、野口さんによって告げられた名前は、なんとイラストレーターの岸田メルさん。シークレットゲストとして岸田さんも審査員に加わったのだ。

 しかしその岸田さん、来場者を何より驚かせていたのが、そのコスチューム。自身がキャラクターデザインおよび監修を務めたPlayStation 4&PlayStation Vita用ゲームソフト『BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣』の白井日菜子と同じデザインのセーラー服を身にまとっていた。

 なんでもこの衣装はゲームの販促用としてモデルさん向けに作った際に、自分用のサイズでもう1着作ってもらったのだという。スカートも自身のデザインに合わせてデジタルプリントで特注した生地だそうで、その再現度は非常に高い。しかし、背後のスクリーンに映し出された日菜子とのあまりのギャップに、審査員も場内も大爆笑。ご本人曰く、「自分のキャラクターを自分で汚していくスタイル」なのだそうだ。こうして審査員4人がそろったところで、コンテストは幕を開けた。

岸田メルさんがシークレットゲストとして、セーラー服姿で登場。自らがキャラクターデザイン・監修を務めた『BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣』の白井日菜子の姿だが、キャラクターとのあまりのギャップに、場内からは笑いとともに悲鳴にも似た歓声が聞こえたとか、聞こえないとか
岸田メルさんがシークレットゲストとして、セーラー服姿で登場。自らがキャラクターデザイン・監修を務めた『BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣』の白井日菜子の姿だが、キャラクターとのあまりのギャップに、場内からは笑いとともに悲鳴にも似た歓声が聞こえたとか、聞こえないとか
[画像のクリックで拡大表示]
コスプレ専門誌「COSPLAY MODE」アドバイザーのジャッキー道斎さん(左から2番目)、コーエーテクモゲームスのコスプレコンテストではお馴染みの声優、小野坂昌也さん(左から3番目)も審査員として参加
コスプレ専門誌「COSPLAY MODE」アドバイザーのジャッキー道斎さん(左から2番目)、コーエーテクモゲームスのコスプレコンテストではお馴染みの声優、小野坂昌也さん(左から3番目)も審査員として参加
[画像のクリックで拡大表示]