バンダイナムコエンターテインメントは9月24日、東京ゲームショウ2017の同社ブース内ステージで「忍ボルVSシノスト 最新ゲームステージだってばさ!」と名付けたイベントを行った。同社のスマートフォン向け新作ゲーム『NARUTO X BORUTO 忍者 BORUTAGE』、PlayStation 4向け新作ゲーム『NARUTO TO BORUTO シノビストライカー』を紹介。タレントの叶美香さんとお笑いコンビ・平成ノブシコブシの2人が実際にプレーした。

叶美香さんと平成ノブシコブシが登場。両サイドは自らもコスプレしたバンダイナムコエンターテインメントの新野範聰プロデューサー(左)と戸井田健一プロデューサー(右)
叶美香さんと平成ノブシコブシが登場。両サイドは自らもコスプレしたバンダイナムコエンターテインメントの新野範聰プロデューサー(左)と戸井田健一プロデューサー(右)
[画像のクリックで拡大表示]

 叶美香さんは、『NARUTO -ナルト-』のキャラクター・綱手のコスプレで登場。「NARUTOは世界的に有名ですが、今回、綱手に扮することになって、さらに研究しました」とニッコリ。綱手に合わせて、すべての衣装を作り、普段はピンクのネイルも赤に染めてきたという。そのコスプレと美香さんの見事なボディーに、平成ノブシコブシの2人は終始ハイテンションだった。

美香さんの見事なボディーと大胆な胸元に平成ノブシコブシは舞い上がり気味
美香さんの見事なボディーと大胆な胸元に平成ノブシコブシは舞い上がり気味
[画像のクリックで拡大表示]
美香さんにかしづく、平成ノブシコブシの吉村崇さん
美香さんにかしづく、平成ノブシコブシの吉村崇さん
[画像のクリックで拡大表示]

 今回紹介された『NARUTO X BORUTO 忍者 BORUTAGE』は、同社が2017年中に発売予定で、現在事前登録を受け付けているスマホ向けゲーム。同タイトルを担当する戸井田健一プロデューサーは「忍者らしくアクションと戦略を一体化したゲーム」と紹介。プレーヤーはナルトやボルトなどのキャラクターを操作し、制限時間内に砦を攻め落とす。ゲーム内の砦を攻略するだけでなく、自ら罠などを張り巡らせた砦を作ったり、最大4人で協力プレーを楽しんだりもできるという。

戸井田健一プロデューサーははたけカカシ、新野範聰プロデューサーは七代目火影のコスプレで登場。戸井田プロデューサーの声がマスクでこもって聞き取りにくい
戸井田健一プロデューサーははたけカカシ、新野範聰プロデューサーは七代目火影のコスプレで登場。戸井田プロデューサーの声がマスクでこもって聞き取りにくい
[画像のクリックで拡大表示]

 ステージでは、実際に吉村さんが、「制限時間120秒以内に砦を攻め落とせたら、事前登録している全員にゲーム内で使える『忍晶石』をプレゼントする」という条件でチャレンジ。開発中のデモ版ということで、途中ローディング状態になってしまい、クリアできなかったが、「ローディングになったからクリア扱いに!」と主張した。これには、戸井田プロデューサーがしぶしぶ「じゃあクリアで」と答え、全員に忍晶石が配布されることになった。

BNEのナルトゲームイベント 綱手姿の叶美香登場【TGS2017】(画像)
[画像のクリックで拡大表示]