ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)が「PlayStation 4」(以下、PS4)向けVR(仮想現実)用ヘッドマウントディスプレー「PlayStation VR」(以下、PS VR)を発売して約1年が経つ。ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジア(SIEJA)は東京ゲームショウ開幕直前の2017年9月19日、カメラ同梱版PS VRの希望小売価格を、従来に比べて5000円安い4万4980円(税別)とすることを発表した。その狙いやPS VRの今後について、SIE取締役 兼 SIEJAプレジデントの盛田厚氏に話を聞いた。

PS VRを増産、TVの数だけ普及させたい、SIE盛田氏【TGS2017】(画像)
[画像のクリックで拡大表示]

――PS VR単体の価格を据え置いて、カメラ同梱版を値下げした意図を教えてほしい。

 値下げではなく、新たな価格設定をして、カメラ同梱版をメインで訴求していく考えだ。PS VRを買えば(別途、カメラを買い足す必要がなく)誰でも簡単に使える状態がユーザーにとっても当社にとっても理想的だ。実際に、PS VR発売以来、カメラ同梱版がPS VR単品版に比べて圧倒的によく売れている。

 2017年10月には『グランツーリスモSPORT』や『V!勇者のくせになまいきだR』(いずれもSIE)を発売するなど、PS VR用ゲームの拡充が進む。年末商戦などに合わせて、生産能力も増強していく。それとタイミングを合わせた新価格の設定であり、「値下げ」だけを訴求するつもりはない。

――以前の取材で語った増産計画はすでに実施したうえで、さらに増産ということか。

 その通りだ。昨年度に比べれば、今年度は増産によって(品切れ・品薄の)状況が少し改善されたが、いまだに供給が潤沢とは言えない。買いたい人が店頭に足を運んだのに商品がないような状態は早期に解消したい。

PS VRを増産、TVの数だけ普及させたい、SIE盛田氏【TGS2017】(画像)
[画像のクリックで拡大表示]

――日本、アジアにおけるPS VRの盛り上がりやプロモーションの現況について聞かせてほしい。

 日本はVRに限らず、多様なコンテンツが生み出される土壌があると感じる。PS VRも例にもれず、「サマーレッスン」シリーズ(バンダイナムコエンターテインメント)に代表されるように、多彩なゲームが登場し、受け入れられている。プロモーションに関しては、実際に体験したうえで理解し納得して買ってもらうことを目指し、イベントや店頭など体験できる場を多数整備してきた。今後も体験重視の方針は変わらない。

 アジアでは、商品の在庫が少ない状況で、これまではプロモーション活動を控えていたが、生産体制が増強されたので、今後は日本のようにPS VRを体験できる場(店頭、イベント)をもっと増やしていきたい。