口金リュックを中心に常時100種をそろえる

 大阪市営地下鉄心斎橋駅から徒歩約3分。長堀通に面したアネロの直営店には、開店前から十数人の客が集まっていた。11時の開店以降も客足は途切れず、通りがかりの人も店内のにぎわいに吸い寄せられていく。

 前日の大阪マラソンに参加し、たまたま店を見つけて立ち寄ったという青森の女性は、商品選びに悩んでいる様子。「アネロのリュックは持っているが、青森には取り扱っている店も品ぞろえも少ない。こうしてじかに見られる機会がないので、いろいろ見て決めたい」と話す。

 アネロ初の直営店は、1フロア350平方メートルの売り場にフルラインをそろえる。ブランドアイコンの口金リュックをはじめ、全体の5割近くがリュックで、常時100種のバッグを展開。口金リュックについては1素材で25色もある。「カラーとデザインのバリエーションが豊富なのもブランドの特徴。それを売り場できちんと見せながら、ブランドの世界観を直接エンドユーザーに伝えるため、情報発信の場となる店を作った」と、キャロットカンパニー東京支店メディアマーケティング部の新富美子課長は説明する。

 アネロはユニセックスのブランドだが、店内では女性向けのバッグブランド「レガート・ラルゴ」も販売。同店の大下芳寛店長によると、「口金リュックしか知らない人にも新鮮に映っているようで、女性客には人気が高い」という。

 さらに、旗艦店限定商品も用意。お土産として好評のブランドロゴ入りトートバッグのほか、日本製の口金リュックやバイヤーの声から生まれたキャリーケースなど、2万円前後の商品も初めて登場した。

機能的で使いやすく、デザイン・カラーバリエーションが豊富なうえ、値ごろ感があるのがアネロの魅力
機能的で使いやすく、デザイン・カラーバリエーションが豊富なうえ、値ごろ感があるのがアネロの魅力
[画像のクリックで拡大表示]
オープン以来、好評なのが、コットンキャンバスを使ったロゴプリントの2ウェイトートバッグ。旗艦店とオンライン限定カラーは4色。3500円
オープン以来、好評なのが、コットンキャンバスを使ったロゴプリントの2ウェイトートバッグ。旗艦店とオンライン限定カラーは4色。3500円
[画像のクリックで拡大表示]
耐久性に優れたコーデュラの混紡糸で織り上げたリップストップ生地を使った、メード・イン・ジャパンの口金リュック。旗艦店のみの少量限定モデルで、1万9000円
耐久性に優れたコーデュラの混紡糸で織り上げたリップストップ生地を使った、メード・イン・ジャパンの口金リュック。旗艦店のみの少量限定モデルで、1万9000円
[画像のクリックで拡大表示]
光沢のある高密度ナイロン風生地を使用したバックパックは男性客にも好評。ノートパソコンが入るインナーポケットやボトルポケット、厚手のテープ使いの本格仕様。5600円
光沢のある高密度ナイロン風生地を使用したバックパックは男性客にも好評。ノートパソコンが入るインナーポケットやボトルポケット、厚手のテープ使いの本格仕様。5600円
[画像のクリックで拡大表示]
バイヤーの声に応えて企画生産したキャリーケースは、軽くて強度のあるポリカーボネイト素材を使用。落ち着いたカラーなのでトラベルだけでなくビジネスにもおすすめ。35L 1万5000円、90L 2万2000円
バイヤーの声に応えて企画生産したキャリーケースは、軽くて強度のあるポリカーボネイト素材を使用。落ち着いたカラーなのでトラベルだけでなくビジネスにもおすすめ。35L 1万5000円、90L 2万2000円
[画像のクリックで拡大表示]
旗艦店限定商品の財布は、国産の牛革を使用し、国内工場で生産。折財布1万2800円~、長財布1万4800円~
旗艦店限定商品の財布は、国産の牛革を使用し、国内工場で生産。折財布1万2800円~、長財布1万4800円~
[画像のクリックで拡大表示]
「キュート、クール&グレイスフル」がコンセプトのレディスバッグブランド「レガート・ラルゴ」は、ファッションにも敏感な女性客に人気が高い
「キュート、クール&グレイスフル」がコンセプトのレディスバッグブランド「レガート・ラルゴ」は、ファッションにも敏感な女性客に人気が高い
[画像のクリックで拡大表示]
SNSでの投稿を狙い、三面鏡のフォトブースを常設。リュックを背負って自由に撮影を楽しめる空間
SNSでの投稿を狙い、三面鏡のフォトブースを常設。リュックを背負って自由に撮影を楽しめる空間
[画像のクリックで拡大表示]