2015年11月19日、大阪府吹田市の万博記念公園内エキスポランド跡地に日本最大級の複合商業施設「エキスポシティ」(詳細はこちら)がオープンした。“体験”をウリに集客を狙うのは今や大型商業施設のトレンドだが、エキスポシティはほかの施設と一線を画す。

 最寄り駅を下車してまず目に入るのが、エントランスすぐの「空の広場」に面した7つの大型エンタテインメント施設。屋外に単独で建ち並ぶ光景は、万博のパビリオンやUSJのアトラクション施設を思わせる。大阪万博が開催され、エキスポランドとして長年親しまれた土地でもあり、住民の期待に配慮した設計なのだろう。万博のシンボル「太陽の塔」を望めるスポットも多い。

 エンタメ施設の多くが、教育的要素を取り入れた「エデュテイメント施設」であることも大きな特徴だ。三井不動産が手がける「ららぽーと」は、これまで子供向け職業体験型テーマパーク「キッザニア」を東西で導入。子供と保護者の支持を得て成功に導いている。その経験もあり、教育熱心な子育て世代を取り込めば、リピーターの獲得につながるという考えだ。

大阪モノレール「万博記念公園駅」から徒歩2分。甲子園球場4.5個分に当たる17万2000平方メートルの敷地に、8つの大型エンタテインメント施設と305店舗が入居する「ららぽーとエキスポシティ」がある
大阪モノレール「万博記念公園駅」から徒歩2分。甲子園球場4.5個分に当たる17万2000平方メートルの敷地に、8つの大型エンタテインメント施設と305店舗が入居する「ららぽーとエキスポシティ」がある
[画像のクリックで拡大表示]
地元の期待が高く、プレオープンから大勢の客が訪れた
地元の期待が高く、プレオープンから大勢の客が訪れた
[画像のクリックで拡大表示]
エキスポシティの入り口からショッピングゾーンまでの通路は、左側をオレンジ、右側をグリーンで統一。回遊性を高めるために、館内のいたるところで視覚効果の高いデザインを取り入れている
エキスポシティの入り口からショッピングゾーンまでの通路は、左側をオレンジ、右側をグリーンで統一。回遊性を高めるために、館内のいたるところで視覚効果の高いデザインを取り入れている
[画像のクリックで拡大表示]
「ガンダムVSシャア専用ザク」が高さ約5メートルの巨大ジオラマスケールで登場
「ガンダムVSシャア専用ザク」が高さ約5メートルの巨大ジオラマスケールで登場
[画像のクリックで拡大表示]
「ららぽーとエキスポシティ」の光の広場。3層の巨大吹き抜け空間を中心に、サーキットモールが広がる
「ららぽーとエキスポシティ」の光の広場。3層の巨大吹き抜け空間を中心に、サーキットモールが広がる
[画像のクリックで拡大表示]
イベントステージを備えた「光の広場」には幅8メートルのタッチ式大型ディスプレイを導入
イベントステージを備えた「光の広場」には幅8メートルのタッチ式大型ディスプレイを導入
[画像のクリックで拡大表示]
館内の回遊性を高める目的で施設専用のテレビ放送局「エキスポTV」を開局。館内に約100台のモニターを設置し、施設情報や周辺エリア情報を配信する
館内の回遊性を高める目的で施設専用のテレビ放送局「エキスポTV」を開局。館内に約100台のモニターを設置し、施設情報や周辺エリア情報を配信する
[画像のクリックで拡大表示]
大阪万博のパビリオン「三井グループ館」で着用されたユニフォームを思わせるインフォメーションスタッフのユニフォーム
大阪万博のパビリオン「三井グループ館」で着用されたユニフォームを思わせるインフォメーションスタッフのユニフォーム
[画像のクリックで拡大表示]
共用スペースには、イームズや各国の名作家具などを配置し、洗練された雰囲気に
共用スペースには、イームズや各国の名作家具などを配置し、洗練された雰囲気に
[画像のクリックで拡大表示]
フードコート奥にはベビー用品専門店「ダッドウェイ」とコラボした「おむつ替えキッズトイレスペース」を設置。小さな子供連れにはうれしいサービスが充実
フードコート奥にはベビー用品専門店「ダッドウェイ」とコラボした「おむつ替えキッズトイレスペース」を設置。小さな子供連れにはうれしいサービスが充実
[画像のクリックで拡大表示]