2018年10月11日、台湾の人気ソフトクリーム店「蜷尾家/NINAO(ニナオ)」の日本第1号店が東京・三軒茶屋にオープンした。李豫(リ・ヨ)氏が12年2月に台南市で開業したソフトクリームの専門店。日本1号店である三軒茶屋店が初の支店であり、海外初出店となる。

2018年10月11日にオープンした「蜷尾家/NINAO(ニナオ) 三軒茶屋店」(東京都世田谷区三軒茶屋1-33-15)。営業時間は平日12〜23時、土日祝日は11〜23時。オーナーの李豫氏は14年に台湾でジェラートの専門店もオープンしている
2018年10月11日にオープンした「蜷尾家/NINAO(ニナオ) 三軒茶屋店」(東京都世田谷区三軒茶屋1-33-15)。営業時間は平日12〜23時、土日祝日は11〜23時。オーナーの李豫氏は14年に台湾でジェラートの専門店もオープンしている
[画像のクリックで拡大表示]

 ニナオは、「列が途切れない店」として台湾中に広く知られており、海外からを含めた多くの企業からコラボ依頼が殺到しているという。そのニナオと日本での独占販売契約を結んだのは、マッシュセールスラボ。ファッションブランド「スナイデル」「ジェラート ピケ」やコスメ関連ブランド「コスメ キッチン」などを展開し、フードビジネスにも積極的に進出しているマッシュホールディングスのグループ企業だ(関連記事「ヒットブランド連発 マッシュ社長が大事にする『瞑想』」) 。

 マッシュホールディングスは台湾に複数の店舗を出店しているため、社員が同地を訪れる機会が多いという。ニナオのソフトクリームの味と同店の人気に衝撃を受けたマッシュホールディングス側が提案したのをきっかけに、17年に同ホールディングスが展開するカフェの台北店で期間限定のコラボレーションを行った。その際、ニナオのオーナーの李氏とマッシュホールディングスの近藤広幸社長が意気投合したことから日本へ出店する運びとなった。

 ニナオのソフトクリームは、「すっきりした甘さ」が人気を集めているという。それを表現するために同ホールディングスが考案したキャッチコピーが「スキアマ」だ。いったいどんな味なのだろうか。