2018年9月25日にオープンした日本橋高島屋S.C.新館。周囲のオフィスワーカーの利便性を重視したユニークな構成で、「出勤時はコンビニしか空いていない」「早朝営業している数少ないカフェは満員で入れない」という不満を解消すべく、朝早くからオープンする飲食関連の店を多くそろえているのが特徴だ(関連記事「日本橋高島屋新館開業、『営業時間バラバラ』の理由」)。

日本橋高島屋S.C.新館(東京都中央区日本橋 2-5-1)
日本橋高島屋S.C.新館(東京都中央区日本橋 2-5-1)
[画像のクリックで拡大表示]

7時半から焼きたてのパンが買える!

 地下1階の入り口横にある「リチュエル」は、パリでも大人気のブーランジェリー(パン店)だ(関連記事 「パリ随一のパン職人が“菓子パン専門店”で日本初上陸!?」)。7時半から営業しており、イートインスペースもあるので、出勤前にここで朝食をとることもできる。また、同店のある地下入り口は、東京メトロ日本橋駅のB4出口のすぐ近く。店内のエスカレーターで地上に出られるので、通り抜けのルートとしても重宝しそうだ。

パリのパン職人、クリストフ・ヴァスール氏が手がけるヴィエノワズリー(菓子パン)専門店「リチュエル」(地下1階)。営業時間は7時半~21時、土日祝日は10時半~21時。イートインコーナーには購入したパンを温めてその場で食べられるよう、バルミューダのトースターも置かれている。同店名物のヴィエノワズリーは税込み250円~
パリのパン職人、クリストフ・ヴァスール氏が手がけるヴィエノワズリー(菓子パン)専門店「リチュエル」(地下1階)。営業時間は7時半~21時、土日祝日は10時半~21時。イートインコーナーには購入したパンを温めてその場で食べられるよう、バルミューダのトースターも置かれている。同店名物のヴィエノワズリーは税込み250円~
[画像のクリックで拡大表示]

 朝食にうってつけの食のショップが充実しているのが1階。代々木上原の人気ベーカリー「365日」の商業施設初出店となる「365日と日本橋」のほか、「紀伊国屋アントレ」「ニュートラルワークス.スタンド」「銀むすび」「神戸牛のミートパイ」などが、朝7時半から営業している。イートインスペースがあるのは「DEAN & DELUCA カフェ 日本橋高島屋S.C.」、サンドイッチ専門店「ポタスタ」、粥専門店「カユ・デ・ロワ 日本橋」など。これだけ朝食需要を豊富に満たせる商業施設も珍しく、日本橋の朝の定番スポットとなりそうだ。

「365日と日本橋」(1階)。平日7時半~20時、土日祝日は10時半~20時。国産の食材を使った“日本人のための日本人によるパン”が人気。「前田さんのキタノカオリ」(税別200円)などの日本橋限定商品や朝用のイートインメニューも充実
「365日と日本橋」(1階)。平日7時半~20時、土日祝日は10時半~20時。国産の食材を使った“日本人のための日本人によるパン”が人気。「前田さんのキタノカオリ」(税別200円)などの日本橋限定商品や朝用のイートインメニューも充実
[画像のクリックで拡大表示]
錦糸町で2店舗を展開する粥専門店「カユ・デ・ロワ 日本橋」(1階)が商業施設初出店。平日 7時半~20時、土日祝日は10時半~20時。国産米を使用して4時間以上かけて作られた粥をベースに、数種類のダシを使用した粥を提供。「タマゴ」(税込み760円)~
錦糸町で2店舗を展開する粥専門店「カユ・デ・ロワ 日本橋」(1階)が商業施設初出店。平日 7時半~20時、土日祝日は10時半~20時。国産米を使用して4時間以上かけて作られた粥をベースに、数種類のダシを使用した粥を提供。「タマゴ」(税込み760円)~
[画像のクリックで拡大表示]