飛行中には絶対見られないコックピット内のやりとりも

 また、飛行中には絶対に見ることができないコックピット内のやりとりも収録されている。機長と副操縦士が離陸する際のやりとりを収録した「パイロット離陸操作」は、格納庫にある機体内で撮影したあとにCGで背景を当てはめているが「飛行機が好きな人が見ても違和感がないように、映像とセリフのすり合わせを入念に行った」(ジェットスターグループ在原氏)。カラオケの後ろに流れている飛行機の走行音も、実際のA320の音を録音したものだという。

ルビが振ってあるので英語が苦手な人も安心して楽しめる
ルビが振ってあるので英語が苦手な人も安心して楽しめる
[画像のクリックで拡大表示]
備品として操縦士をイメージした帽子も用意されている
備品として操縦士をイメージした帽子も用意されている
[画像のクリックで拡大表示]

 機長と副操縦士に分かれて「デュエット」しても楽しめそう。また、飛行機カラオケは全部で7バージョンあるが、「お手本」として乗務員の声をそのまま残したバージョンも収録されている。機長と副操縦士のお手本バージョンを聞いてみると、意外にも流ちょうな英語ではなく平板な「カタカナ英語」を使っていることに気づく。「管制官とやりとりする際に聞き取りやすいよう、独特のイントネーションを用いることが多い」(ジェットスターグループ在原氏)というが、こうした細かい仕掛けも飛行機好きの心をくすぐるポイントかもしれない。

カラオケモニター前にはA320のコックピットをイメージしたレプリカも
カラオケモニター前にはA320のコックピットをイメージしたレプリカも
[画像のクリックで拡大表示]
■変更履歴
初出では「副機長」としておりましたが、「副操縦士」の間違いでした。お詫びして訂正いたします。該当箇所は修正済みです。 [2018/8/7 15:00]