メンズとレディス、衣食住、ショップと通路が全て融合!?

 これまでの商業施設では下層階がファッションやライフスタイル雑貨、高層階が飲食と、フロアで用途が分かれていた。だがニュウマンを一巡して気がついたのは、それらがゆるやかに融合した作りになっていること。

 特に分かりやすいのが、1階フロア。ジョエル・ロブションのベーカリーとカフェ、「ブルーボトルコーヒー」などの人気飲食店があるかと思えば、食品・雑貨の「アコメヤ」、海外のナチュラル系コスメショップ、ファッションブランドもある。施設内をくまなく回遊しなくても、この1階だけで満足できそうな構成なのだ。

 また、同じファッションフロアでメンズとレディスのブランドが混在しているのも新鮮。「ブリーフィング」「ファーロ」などの人気メンズブランドが初のレディスライン実店舗をオープンしたり、メンズとレディスのブランドをひとつした新ブランド「イエナ エディフィス ラ ブークル」が出店していたりと、メンズとレディスの境界もゆるやかになっている。つまり、男女がともにショッピングを楽しめるようになっているのだ。いったいなぜ、このような構成になっているのか。 

米に焦点を当てたライフスタイルショップ「アコメヤ トウキョウ」(AKOMEYA TOKYO)(1階)では、全国各地から厳選した米や食品、雑貨を販売。ショップ内では鹿児島県甑島の特産品ジェラート「島旅ジェラート」を全国初出店。ドラゴンフルーツや紅はるか、海塩など風味豊かなジェラートが楽しめる(371~556円)。テイクアウトも可能
米に焦点を当てたライフスタイルショップ「アコメヤ トウキョウ」(AKOMEYA TOKYO)(1階)では、全国各地から厳選した米や食品、雑貨を販売。ショップ内では鹿児島県甑島の特産品ジェラート「島旅ジェラート」を全国初出店。ドラゴンフルーツや紅はるか、海塩など風味豊かなジェラートが楽しめる(371~556円)。テイクアウトも可能
[画像のクリックで拡大表示]
米国政府公認の軍製品を手がける工場で生産されているバッグブランド「ブリーフィング(BRIEFING)」はレディスも展開(中2階)。同ブランドらしいヘビーデューティなパーツをデザインに生かしたレディスのオリジナルバッグ(2万円)などを販売
米国政府公認の軍製品を手がける工場で生産されているバッグブランド「ブリーフィング(BRIEFING)」はレディスも展開(中2階)。同ブランドらしいヘビーデューティなパーツをデザインに生かしたレディスのオリジナルバッグ(2万円)などを販売
[画像のクリックで拡大表示]
日本に昔から伝わる手法で作られた上質な革製品が男性に支持されている「ファーロ(FARO)」は実店舗では初めてレディスラインを展開(3階)
日本に昔から伝わる手法で作られた上質な革製品が男性に支持されている「ファーロ(FARO)」は実店舗では初めてレディスラインを展開(3階)
[画像のクリックで拡大表示]
レディスファッションブランド「イエナ(IENA)」とメンズファッションブランド「エディフス(EDIFICE)」、ふたつが融合した新しいコンセプトストア「イエナ エディフィス ラ ブークル」(4階)
レディスファッションブランド「イエナ(IENA)」とメンズファッションブランド「エディフス(EDIFICE)」、ふたつが融合した新しいコンセプトストア「イエナ エディフィス ラ ブークル」(4階)
[画像のクリックで拡大表示]
コンバースジャパンがメルローズと協業して立ち上げたブランド「コンバーストウキョウ」(2階)は2店目。新宿店限定のオリジナルプリントのバンダナ付きトートバッグを数量限定で販売
コンバースジャパンがメルローズと協業して立ち上げたブランド「コンバーストウキョウ」(2階)は2店目。新宿店限定のオリジナルプリントのバンダナ付きトートバッグを数量限定で販売
[画像のクリックで拡大表示]