カップ焼きそば作りを体験……どころではなかった

 次に向かったのは、食品作りをテーマにした「FOOD factory」だ。日清食品が協力しているが、建物の前では水を噴き出す巨大なヤカンが出迎えてくれる。

食品作りというよりも、「日清焼そばU.F.O.」作りをテーマにした「FOOD factory」。巨大ヤカンはアルマイトの質感がよく表現された素晴らしい出来栄え
食品作りというよりも、「日清焼そばU.F.O.」作りをテーマにした「FOOD factory」。巨大ヤカンはアルマイトの質感がよく表現された素晴らしい出来栄え
[画像のクリックで拡大表示]
1階のフロアではオリジナルU.F.O.作りを体験できる
1階のフロアではオリジナルU.F.O.作りを体験できる
[画像のクリックで拡大表示]

 ここで体験できるのは、カップやきそば「日清焼そばU.F.O.」作りだ。まずパッケージに挿入する紙に好きなイラストを書く。それを奥に持っていくと、容器に麺を入れ、いくつもある具材の中から好きに選んだ具材を入れてくれ、容器に封をしてイラストをのせたうえでパッケージングまでしてくれる。カップ焼きそばがパッケージングされて製品の形になるまでを体験できるわけだ。具材は通常販売されているU.F.O.には入っていないものも選べるのがうれしい。味も外観も自分オリジナルのU.F.O.の出来上がりで、いいお土産になりそうだ。

まず容器にのせる用紙をもらい、好きなイラストや文字を描く
まず容器にのせる用紙をもらい、好きなイラストや文字を描く
[画像のクリックで拡大表示]
容器に入った麺がすすっと出てくる
容器に入った麺がすすっと出てくる
[画像のクリックで拡大表示]
総工費100億円! よみうりランド「グッジョバ!!」は職業体験でも工場見学でもないけどすごかった(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
総工費100億円! よみうりランド「グッジョバ!!」は職業体験でも工場見学でもないけどすごかった(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
キャベツ、イカ、卵など好きな具材を選んで入れてもらう。4つまで選べるが、クジで当たりが出た人は5つ選べる
総工費100億円! よみうりランド「グッジョバ!!」は職業体験でも工場見学でもないけどすごかった(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
総工費100億円! よみうりランド「グッジョバ!!」は職業体験でも工場見学でもないけどすごかった(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
裏が銀紙になっている紙を容器にのせて封をする。湯を入れるときに全部はがさないようにするあの紙だ。この作業は一瞬で終わってしまうので見逃さないように
いよいよ仕上げだ。イラストを描いた用紙を載せる
いよいよ仕上げだ。イラストを描いた用紙を載せる
[画像のクリックで拡大表示]
総工費100億円! よみうりランド「グッジョバ!!」は職業体験でも工場見学でもないけどすごかった(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
総工費100億円! よみうりランド「グッジョバ!!」は職業体験でも工場見学でもないけどすごかった(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
包装用セロファンに入れて、機械に通す
セロファンが容器にぴったり貼り付いた形になり、カップ焼きそばの出来上がりだ
セロファンが容器にぴったり貼り付いた形になり、カップ焼きそばの出来上がりだ
[画像のクリックで拡大表示]

 土産ができていい気分でいると、どうやら上のフロアで別のアトラクション「スプラッシュU.F.O.」をやっているらしいと聞いて、行ってみた。乗り場ではレインコートが配られていて、みんなそれを着込んでいる。ロッカーが並んでいて荷物はそこに入れられるという。

 よく分からないまま荷物をロッカーに入れてレインコートを着て待っていると、U.F.O.の容器のデザインをした丸いボートがやってきた。スプラッシュU.F.O.はこの丸いボートに乗ってウォータースライダーを楽しむというアトラクションなのだ。

レインコートが配られるのでそれを着る。荷物はロッカーに入れておける
レインコートが配られるのでそれを着る。荷物はロッカーに入れておける
[画像のクリックで拡大表示]
U.F.O.の容器に見立てた丸いボードに乗り込み、あとはケトラーと戦いつつ流されていく。定員は4人
U.F.O.の容器に見立てた丸いボードに乗り込み、あとはケトラーと戦いつつ流されていく。定員は4人
[画像のクリックで拡大表示]

 ボートに乗り込むと、中央のハンドルにボタンがついている。係員が「途中でゲームがあるので、ボタンを連打してください」と教えてくれた。どうやらここはU.F.O.の工場であり、ボートは作っているU.F.O.という設定のようだ。そしてU.F.O.作りを邪魔しようとする悪者「ケトラー」が出てくるので、オリジナルキャラクター「U.F.O.仮面ヤキソバン」と協力してボタン連打で戦おうということらしい。ただ乗るだけの受け身のアトラクションではなく、自分からアクションを起こしてクリアするゲーム性が付け加えられているわけだ。

 ボートが滑り出してコースに入ると内部はほぼ真っ暗だった。流れは緩急つけられているがアップダウンが激しく、そこをくるくる回転しながら結構なスピードで流されていくので、ハッキリいってかなり怖い。真っ暗で周囲がよく見えないのが、スリリングさをさらに倍増させる。道中では霧が吹き付けられたり水がはねて降りかかってきたりするので、レインコートがなければ全身ずぶ濡れになるところだ。おまけに途中でケトラーの映像が出てくるので、ボタンを連打して応戦しなくてはならない。

 激しい流れに翻弄されながら、ボート中央のハンドルをしっかり握りしめ、両足で踏ん張りつつボタンを連打しまくった。そしてコース終盤になったところで、突然外が明るくなって巨大なヤカンが見えてきた。そう、建物の前にあったあの巨大なヤカンはコースの一部だったのだ。所要時間は4~5分とのことだったが、一時たりとも気を抜けずスリル満点でそれ以上に長く感じられた。かなり激しく揺さぶられたためか、ボートから降りると足元がフラついてしまった。

激しく揺さぶられるし濡れるので、カメラなどを持ち込むのは無理だった
激しく揺さぶられるし濡れるので、カメラなどを持ち込むのは無理だった
[画像のクリックで拡大表示]
コース終盤で、巨大ヤカンの周囲を一周する。いい撮影ポイントになりそうだ
コース終盤で、巨大ヤカンの周囲を一周する。いい撮影ポイントになりそうだ
[画像のクリックで拡大表示]