2018年も大きな変化が次々と起きている携帯電話業界。そんな中でNTTドコモは、顧客基盤を従来の「回線契約者」から「dポイントクラブ会員」へ移すなど、大幅な戦略転換を推し進めている。同社の吉澤和弘社長に、新戦略の狙いや今後の取り組みなどについて話を聞いた。

「dポイント」に注力して顧客を拡大

 通信とネットサービスをセットにした料金プランの登場や楽天の新規参入など、携帯電話業界は2018年も大きな変化が次々と起きている。そんな中で通信事業者最大手のNTTドコモは、4月の決算説明会で、顧客基盤を従来の「回線契約者」から、共通ポイントプログラム「dポイントクラブ会員」へ移すと発表した。

NTTドコモの吉澤和弘社長
NTTドコモの吉澤和弘社長
[画像のクリックで拡大表示]

 その理由について同社の吉澤和弘社長は「回線契約者はこれ以上大幅に増やすことができず、他社との奪い合いを続けるしかない。そうした状況で顧客を増やすには、“顧客”の捉え方を変えざるを得ない」と説明する。顧客基盤をdポイントクラブ会員に移せば、回線契約の有無にかかわらず、同社のサービスを使ってもらうことで収益の拡大が狙えるというわけだ。

 実際ドコモは、2018年5月に顧客管理システムの基盤を「回線契約者」から「dポイントクラブ会員」へと変更。購買データなどを収集し、それを顧客個人のニーズに合わせたマーケティングなどに活用することで、ビジネスの拡大を図る考えを示している。

NTTドコモは、顧客基盤を従来の回線契約者からdポイントクラブ会員へ移行する方針。写真は2018年4月27日のNTTドコモ決算説明会より
NTTドコモは、顧客基盤を従来の回線契約者からdポイントクラブ会員へ移行する方針。写真は2018年4月27日のNTTドコモ決算説明会より
[画像のクリックで拡大表示]

 共通ポイントプログラムとしては既に「Tポイント」「楽天スーパーポイント」「Ponta」など多くのライバルがひしめき合っており、市場競争も激しい。しかし吉澤氏は「共通ポイントプログラムは必ずしも対立するわけではなく、重複して利用される場合もある」とし、通信回線契約のような顧客の奪い合いにはならないと言う。