糖尿病のリスクを下げるのは野菜よりも穀物の繊維
糖尿病のリスクを下げるのは野菜よりも穀物の繊維
糖尿病の発症と食物繊維の摂取量の関係を調べた17の研究、合計約49万人分のデータをまとめて解析したところ、食物繊維の総摂取量よりも穀物からの食物繊維摂取量が多いほど糖尿病のリスクが低かった。野菜からの食物繊維摂取量との関連は見られなかった。(データ:Eur. J. Epidemiol.; 29,2,79-88, 2014、日経ウーマン・オンラインより転載)

現在もっとも注目される食材“大麦”その知られざるパワーとは?~大妻女子大学 青江誠一郎教授

2015年11月11日
  • 青江誠一郎(あおえ・せいいちろう)氏
  • 食物繊維不足の原因は、穀物繊維の摂取減
  • 糖尿病のリスクを下げるのは野菜よりも穀物の繊維
  • 世界が認める大麦パワー
  • 現在もっとも注目される食材“大麦”その知られざるパワーとは?~大妻女子大学 青江誠一郎教授(画像)
  • 内臓脂肪を減らす効果を確認