C CHANNELを立ち上げ、新たなチャレンジを続ける森川氏。LINEを手掛けていた頃から、独特の経営スタイルで変化の激しいインターネット業界で成功を収めてきた。その森川氏が、C CHANNELでどのようなイノベーションを起こそうとしているのだろうか。

既成概念を破壊する森川氏の会社経営スタイルとは

 C Channelの森川亮氏は、日本テレビからソニーに転職し、2003年に現在のLINEの前身となるハンゲームジャパンに入社。パソコン向けのオンラインゲームで大きな成果を残し、2007年には同社の社長に就任した。

 その森川氏が大きな注目を集めたきっかけとなるのは、やはりコミュニケーションアプリ「LINE」を成功に導いたことであろう。多数のメッセンジャーアプリが激しい競争を繰り広げる中、LINEは国内で事実上標準の地位を獲得。さらにその後はゲームや生活サービスなどのプラットフォーム展開を図ることで、生活に欠かせない存在となっていった。

 もう1つ、森川氏がLINEで残した大きな実績は海外展開だ。「日本のインターネットサービスは海外に受け入れられにくい」と言われる中、LINEは日本だけでなく台湾やタイ、インドネシアなど、アジアを中心として多くの国で人気を獲得。世界的に利用されるサービスへと成長させたのである。

 こうしてLINEで多くの実績を残してきた森川氏は、今年「C CHANNEL」を立ち上げ、新しい動画メディアの形を確立するべくチャレンジを続けている。森川氏が新しいチャレンジを続け、革新的な成果を残し続けている理由は、どこにあるのだろうか。その運営スタイルに迫ってみよう。

――C Channelではのような取り組みに力を入れていますか?

森川氏: 実は会社だったり、仕組みだったりというのはどうでもいいかなと思っています。最も大事なことは、やるべきことができる環境と人なので、そこに集中するようにしていますね。一般的なビジネスのあり方にとらわれてしまうと、これまでと同じことを繰り返してしまいますから。既成概念を壊してやるべきことに集中しています。

――既成概念を壊すとなると、反発を受けることも多いのではないでしょうか。

森川氏: 最初から一般的な社長のイメージとは違うことをしていれば、従来の会社とまったく違うものだと思ってくれるのではないでしょうか。社員がC Channelに参加する段階で、この会社は既存の会社と全く違うものだと感じてくれると思うので、そう思ってもらった方がやりやすいですね。

C Channel 社長 <br>森川亮(もりかわ・あきら)氏
C Channel 社長
森川亮(もりかわ・あきら)氏
1989年筑波大学卒、日本テレビ放送網入社。1999年、青山学院大学大学院国際政治経済学研究科修士課程を修了しMBA取得。その後ソニーに入社。2003年、ハンゲームジャパンに入社、取締役を経て、2006年10月、取締役副社長に就任。2007年10月、NHN Japan(ハンゲームジャパンより商号変更)社長に就任。同年11月、ネイバージャパン設立に伴い、ネイバージャパン社長を兼務。2013年4月、NHN Japanの商号変更により、LINE社長に就任。2015年3月、同社社長を退任。同年4月、C Channel社長に就任
[画像のクリックで拡大表示]