この記事は「日経トレンディ」2016年11月号(2016年10月4日発売)から転載したものです。内容は基本的に発売日時点のものとなります。

 安さと必要十分な機能が特徴の「ジェネリック家電」で知られるアイリスオーヤマが、IH炊飯器「銘柄量り炊き RC-IA30」(実勢価格2万9800円・税別)を発売した。この市場では、大手が安価で高性能な製品を多数販売しているが、今回の新製品は、味と使い勝手のそれぞれで類を見ない機能を備えている。

 アイリスオーヤマがまず着目したのが、水の量だ。水が炊き上がりの味に及ぼす影響は大きく、特に「最適な水量よりも少ない場合は、僅か10%の違いでも多くの人が『おいしくない』と感じる」(アイリスオーヤマ)。半面、最適な水の量で炊けている人は少なく、同社が主婦を集めて炊飯の様子をモニタリングしたところ、ほとんどの人が水を多め、もしくは少なめに入れていたという。

 そこでRC-IA30は、米の銘柄と量に応じて、最適な水の量を5cc刻みで表示する機能を搭載。水の重さを基に、残りの水量がカウントダウン表示されるので、「OK」の表示に変わるまで水を注げばいい。1.7合、2.2合といった中途半端な米の量でも、最適な水の量を瞬時に表示。少しだけ炊く機会が多い人でも使いやすいというメリットもある。

アイリスオーヤマ「銘柄量り炊き RC-IA30」
実勢価格/2万9800円(税別)
サイズ・重さ/幅225×高さ212×奥行き280mm・4.2kg
炊飯容量/0.5~3合
消費電力/炊飯時800W(IH調理時は1000W)

アイリスオーヤマが“上下分離式炊飯器”!(画像)
[画像のクリックで拡大表示]