消費動向や技術トレンドを読む上で注目の発表会や、業界で話題のトピックをいち早くカバーしていく。
  • 2019.06.17
Airbnb創業者が語る、民泊新法を「追い風」にした成長戦略
住宅宿泊事業法(民泊新法)施行から約1年となる2019年6月6日、米エアビーアンドビー(Airbnb)共同創業者兼最高戦略責任者のネイサン・ブレチャージク氏が来日し、プレスカンファレンスが行われた。エアビーアンドビーは住宅宿泊事業法をどう捉えているのか。今後の展開について聞いた。
  • 2019.06.17
イオンモバイルが利用料値下げ 「未来消費カレンダー」新着情報
日経クロストレンド「未来消費カレンダー」は、将来話題となりそうな新製品、新施設、商戦・イベントなどの予定を一覧できるサービスだ。新着情報を毎週金曜日に更新している。7月「イオンモバイル、大容量料金プランで月額利用料を値下げ」など30件の情報を追加した。
  • 2019.06.17
9月開店、大丸心斎橋店本館がGINZA SIXモデルで大刷新
J.フロント リテイリングは2019年6月11日、「大丸心斎橋店本館」の開店を9月20日と発表した。収益の柱は「GINZA SIX」と同じ定期賃貸借契約による家賃収入だ。約380億円を投じて歴史的価値の高い建物の保存、再現も実施し、3年半の歳月を経て新たな百貨店に生まれ変わる。
  • 2019.06.14
狙うはポスト・タピオカ 台湾発の新ドリンク「チーズティー」
若い女性を中心に一大ブームとなったタピオカドリンク。ミルクティーにタピオカを入れた「タピオカミルクティー」を中心に、抹茶や緑茶を使ったものなどバリエーションも広がっている。そんななか、ポスト・タピオカドリンクとして注目を浴びそうなのが、台湾発のデザートドリンク「チーズティー」だ。
  • 2019.06.13
パラマウントベッド、アプリ連携の多機能ベッドで睡眠不足を解消
医療・介護ベッド業界大手のパラマウントベッドが新ブランド「Active Sleep」を発売。アプリと連携してベッド操作や睡眠分析が可能な多機能ベッドで、これまでの介護ではなく、一般消費者がターゲットの市場へ進出する。深刻化する日本人の睡眠不足に目を付け、主に働き盛り世代を狙う。
  • 2019.06.13
サブスク事業を成功へと導く「LTV」が分かる厳選記事7本
テクノロジーの進化によって今までになく大胆な店舗改革を実現可能になり、国内外の小売業があの手この手で顧客との接点を強めようと躍起になっています。来店したくなるような新たなユーザー体験作りといった前向きなものばかりです。
  • 2019.06.13
広がる月額制弁当テークアウト 地域限定ながら累計2万食
「ランチ問題」はオフィスパーソンにとっての悩みの種だ。昼休みを入店待ちで浪費するのは避けたいところ。受取時間を指定できる弁当テークアウトの月額定額制サービスが、会員を増やしている。飲食店のテークアウトには軽減税率が適用されることから、今後の需要拡大が見込まれる。
  • 2019.06.12
事業開発の速度が6倍に? アイデア価値評価ツールに注目集まる
新事業や新商品開発にトライ&エラーは付き物だ。しかし、事前にアイデアの価値を評価できれば、開発期間を短縮できる可能性がある。そんなニーズに応え、独自ツールでアイデアの価値を定量評価できるとうたうVISITS Technologiesの松本勝CEOが登場したイベントに参加した。
  • 2019.06.11
ロボット掃除機「ルンバ」のサブスク開始 月額1200円から
アイロボットジャパンは2019年6月8日、ロボット掃除機「ルンバ」を月額で利用できるサブスクリプションサービス「Robot Smart Plan(ロボットスマートプラン)」を開始した。「ロボット掃除機は高い」という理由で購入に二の足を踏んでいるユーザーの取り込みを狙う。
  • 2019.06.11
コカ・コーラが聖火ランナー募集、五輪初の5ブランド訴求のワケ
オリンピックスポンサーの“大御所”が動き出す。日本コカ・コーラは6月10日、東京五輪・パラリンピックに向けた戦略を初めて公の場で説明した。聖火リレーへの参加でHIKAKINなど人気ユーチューバーなどともコラボしていく。目玉は、五輪の舞台で初めて5つのブランドを訴求していく戦略だ。

関連特集・連載

本日更新
JリーグビジネスNo.1決定戦
全12回
LOHACO & ASKUL のマーケティング戦略
全5回
新市場を創造! 「マーケター・オブ・ザ・イヤー2019」
風雲!広報の日常と非日常