消費動向や技術トレンドを読む上で注目の発表会や、業界で話題のトピックをいち早くカバーしていく。
  • 2019.05.23
夕方4時から「ポイント5倍」 ローソンが食品ロス削減で新施策
ローソンは2019年5月17日に食品廃棄量を減らすための新施策「Another Choice」を発表した。納品時間が早い食品を夕方以降に買えば追加ポイントを付与し、貧困家庭の子供への支援金も寄付される。ポイントや寄付金はすべて本部が負担し、加盟店の負担はほとんどないのが特徴だ。
  • 2019.05.23
“異人”認め育てる社会を──ヤフー安宅CSOが若者へ提言
「未来は予測できない。我々がどういう未来を目指すかでそれは決まる」──。4月23日開催の日経BP 創立50周年記念フォーラムに登壇した、慶応義塾大学の環境情報学部教授でヤフーCSO(チーフストラテジーオフィサー)の安宅和人氏は、会場の若者に40分間の熱いメッセージを送った。参考になった、とても参考になった人が全体の98%を占めた熱狂セッションをここに再現する。
  • 2019.05.22
位置情報全見せアプリ「Zenly」が急成長 若者が夢中になる理由
通信環境と端末の進化によって、SNSは文字から画像、動画をシェアするツールに変化した。動画時代を謳歌する10代はさらに新たなコンテンツを共有している。それが位置情報だ。常に相手とつながり続けることに抵抗はないのか。垣間見えたのは「今どこ?」の連絡すら面倒と感じる若者の心理だった。
  • 2019.05.20
家電デザインのタブー破る 象印が共働き子育て世代に照準 
象印マホービンの調理家電シリーズ「STAN.(スタン)」が共働きの子育て世代の間で話題だ。日常生活になじむデザインと使い勝手の良さが受けている。新興勢力が台頭する中、老舗の同社が新シリーズ開発で取り組んだこととは?
  • 2019.05.20
渋谷公会堂は6月から新名称に!「未来消費カレンダー」新着情報
日経クロストレンド「未来消費カレンダー」は、将来話題となりそうな新製品、新施設、商戦・イベントなどの予定を一覧できるサービスだ。カレンダー情報を毎週金曜日に更新している。2019年5月20日には、6月1日「渋谷公会堂の新名称『LINE CUBE SHIBUYA』に決定」など32件の情報を追加した。
  • 2019.05.20
懐かし家電「ザ・昭和」が好調 タカラトミーアーツの狙い的中
タカラトミーアーツ(東京・葛飾)のガジェット「ザ・昭和シリーズ」が好調だ。2019年2月28日に第1弾として「昭和スマアトテレビジョン」「昭和レコードスピーカー」「昭和ミニラジカセ」の3製品を発売。平成の終わりに伴い、「昭和懐古が来る」との読みが的中した。
  • 2019.05.17
LINE Payのキャンペーン 送金機能活用で登録ユーザー拡大
LINEが「LINE Pay」の登録ユーザーを短期間で拡大させるために大型キャンペーンを仕掛ける。「祝令和全員にあげちゃう300億円祭」は、1000円相当の「LINE Payボーナス」を「LINE」の「友だち」にプレゼントできるというもの。期間は2019年5月20日から29日までだが、300億円に達した時点で終了になる。
  • 2019.05.17
Francfrancが家具の新ブランド 青山にはキャッシュレス店舗も
家具・雑貨店を展開するFrancfranc(フランフラン、東京・渋谷)は2019年4月20日、家具の新ブランド「MODERN WORKS」を発表した。新ブランドで顧客拡大を目指す同社は、南青山にキャッシュレス専門店もオープン。人件費削減などローコストオペレーションにも力を入れる。
  • 2019.05.17
本格時代劇を若者に届けろ! 『居眠り磐音』3つの戦略 
松坂桃李が主演の時代劇映画『居眠り磐音』が2019年5月17日に公開される。メガホンをとるのは『超高速!参勤交代』(14年公開)で“ユニーク時代劇”というトレンドを作った本木克英監督。実は今、映画界では時代劇がブームで、若者を引き付けている。その理由とは?
  • 2019.05.17
アサヒグループ食品が新カップ麺 初の“水戻し”で夏需要を刺激
アサヒグループ食品が2019年5月20日に発売する「汁なし麺0(ゼロ) 麻辣担々麺」は、水で戻す麺を使った汁なしカップ麺。寒天とこんにゃくでできた糖質ゼロの麺に、水を入れて5分後に水切りするだけの手軽さが特徴だ。人気の麻辣風味で夏場に失速するカップ入りスープ市場の消費を刺激する。

関連特集・連載

LOHACO & ASKUL のマーケティング戦略
全5回
風雲!広報の日常と非日常
令和ヒット予測&19年上半期ヒット
全3回
【PR】ビールの価値は良質な泡で決まる