Hot Topics

消費動向や技術トレンドを読む上で注目の発表会や、業界で話題のトピックをいち早くカバーしていく。

目次

  • 2018.08.16
池袋1万人超のコスプレイベント 「未来消費カレンダー」新着情報
日経クロストレンド「未来消費カレンダー」は、将来話題となりそうな新製品、新施設、商戦・イベントなどの予定を一覧できるサービスだ。原則、新着情報を毎週金曜日に更新している。2018年8月10日には、10月27日「『池袋ハロウィンコスプレフェス2018』が開催」など24件の情報を追加、更新した。
  • 2018.08.10
潮流を見極めるトレンドマップなど、夏休みに読みたい人気記事20
「日経クロストレンド」は約40人のアドバイザリーボードと共に、技術、マーケティング、消費3分野の「トレンドマップ 2018夏」を作成。そこから特に重要と思われる4つのキーワード「AI」「デザイン思考」「サブスクリプション」「シェアリング」関連の人気記事をピックアップした。夏休みにぜひ、まとめ読みしていただきたい。
  • 2018.08.08
技術、マーケ、消費の潮流を見極める「トレンドマップ」公開
日経クロストレンドはメディア活動での協力を得る約40人のアドバイザリーボードのメンバーと共に、技術、マーケティング、消費3分野の「トレンドマップ 2018夏」を作成した。変化が激しいこの3分野はさまざまなバズワードが飛び交うが、一時の流行でなく企業が中長期に注目すべきトレンド(潮流)を一目で理解できるよう、「将来性」と「現時点での経済インパクト」の2つのスコアでマッピングした。今後、半年に一度のペースで更新しその変化を追う予定だ。
  • 2018.08.08
沖縄の大自然で興奮体験! USJ再建・森岡氏の新パーク戦略
業績不振のユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)を劇的なV字回復に導いた、戦略家・マーケターの森岡毅氏が、新たに挑戦する沖縄本島北部の新テーマパーク計画。同氏が率いるマーケティング精鋭集団「刀」は、沖縄県内の有力企業3社(オリオンビール、ゆがふホールディングス、リウボウ)と協力し、準備会社の設立へ向け動き出している。日経クロストレンドの単独インタビューに答えた前編(元USJ森岡氏の新挑戦 「沖縄北部テーマパーク構想」を語る)に続き、今回は新たに開発するテーマパークの内容にまで話が及んだ。
  • 2018.08.07
元USJ森岡氏の新挑戦 「沖縄北部テーマパーク構想」を語る
業績不振のユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)を劇的なV字回復に導いた、戦略家・マーケターの森岡毅氏の新たな挑戦の一つが明らかになった。舞台は、沖縄本島北部で計画が進む新テーマパーク。同氏が率いるマーケティング精鋭集団「刀」は、沖縄県内の有力企業3社(オリオンビール、ゆがふホールディングス、リウボウ)と協力し、新テーマパーク構想を実現するための準備会社の設立へ向けて動き出した。「沖縄には、観光においてハワイを超えるポテンシャルがあり、この地は近い将来必ず日本の宝になる」と意気込む森岡氏。なぜ、沖縄に可能性を見出したのか。同氏が日経クロストレンドの単独インタビューに答えた。
  • 2018.08.06
ネスレとライオン、2人のヒットメーカーの講演を動画配信
新市場を創造し、新たなビジネスモデルを構築したイノベーターやヒットメーカーを表彰するマーケター・オブ・ザ・イヤー。2018年は「ネスレ ウェルネス アンバサダー」「ライオン NONIO」など革新的な商品&サービスを生んだマーケターを選出した。6月19日「日経クロストレンドFORUM」で実施した受賞者講演の模様を「セミナー動画」として2本、公開する。
  • 2018.08.06
秋限定ビールが続々発表「未来消費カレンダー」新着情報
日経クロストレンド「未来消費カレンダー」は、将来話題となりそうな新製品、新施設、商戦・イベントなどの予定を一覧できるサービスだ。原則、新着情報を毎週金曜日に更新している。2018年8月3日には、8月21日「秋限定ビール アサヒ食楽と新ジャンル クリアアサヒ秋の宴発売」、10月2日「『ザ・プレミアム・モルツ〈黒〉』数量限定発売」など27件の情報を追加、更新した。
  • 2018.08.03
ランチ難民を救う「フードトラック」、なぜ急成長しているのか
大都市のオフィス街に溢れる“ランチ難民”。救いの一手として注目を集めるのが、小型の飲食店に改装したフードトラックと、空きスペースを有効活用したいオフィスビルなどをマッチングするシェアサービス「TLUNCH(トランチ)」だ。運営するスタートアップ、Mellow(メロー)は飲食店にとどまらず、リフレッシュサロンやネイルサロン、衣服のセレクトショップなど、あらゆるサービスを営業リスクが高い固定店舗の呪縛から解き放ち、移動式に変える構想を持つ。その驚きの狙いとは?
  • 2018.08.02
米アドビがAR/VRの展示会、クリエーターらが表現の可能性探る
2018年6月8日~10日、米アドビ システムズはサンフランシスコ市内のギャラリーを借り切り、AR(拡張現実)/VR(仮想現実)をテーマにしたユニークなイベント「Festival of the Impossible」を開催した。16人のアーティストやデザイナーがAR/VR作品を披露し、今までにないクリエイティビティーに富んだ出展が目立った。仮想空間のゲームや体験といった一般的な作品とは異なり、表現手法が大きく広がることで、AR/VRのさらなる可能性を感じさせた。
  • 2018.07.31
エステー鹿毛さんは言った。「データで『人の心』は読めるのか」
「消臭力」や「ムシューダ」、「米唐番」などのユニークなCMシリーズを手掛けてきたエステーの鹿毛康司氏と、視聴者が実際にテレビ画面を見ているかどうか、独自のアルゴリズムで「注視度:AI(アテンション・インデックス)値」を分析しているTVISION INSIGHTSの郡谷康士社長との対談企画の後編。果たして、データ分析で「人の心は読めるのか」。話題は鹿毛流クリエイティブの神髄に近づいていった。

関連特集/連載

Innovator’s Talk
エンターテック
米国発 追跡アマゾンエフェクト
博報堂・原田曜平の若者発ヒット講座
CMフォーカス