動画配信の米Netflix(ネットフリックス)が、2019年5月から「高音質オーディオ」と銘打ち、一部コンテンツの音質を大幅に向上させた。このタイミングで同社が「音の価値」を訴求する背景には、動画配信サービスの競争激化がある。ユーザー体験の向上で他社との差異化を図る考えだ。

Netflixの新たな試みは、他のコンテンツプラットフォーム事業者だけでなく、映像・音響機器のメーカーからも注目されている
Netflixの新たな試みは、他のコンテンツプラットフォーム事業者だけでなく、映像・音響機器のメーカーからも注目されている

スタジオ品質の音声を家庭に届けるという挑戦

 Netflixはオリジナルコンテンツの制作・配信に早くから注力してきた動画配信プラットフォームだ。同社はこれまで、動画品質を高めるHDR(ハイダイナミックレンジ)や、モバイル端末に最適化した画質で配信する「アダプティブストリーミング」などの技術を積極的に導入することで他の動画配信サービスとの差異化を図ってきた。

 今回追加された「高音質オーディオ」は、5.1チャンネル、およびドルビーアトモス対応のオーディオ機器で、コンテンツをより“いい音”で楽しめるようにするものだ。

 Netflixが高音質オーディオ機能を開発した背景には、大きく2つの理由がある。1つは「ユーザーに最高のコンテンツ体験を届けるため」。もう1つは「音質に対するクリエイターの問題意識と期待の高まりだった」と同社プロダクション・サウンドテクノロジー マネジャーのスコット・クレイマー氏は話す。

Netflixが新たに投入した高音質オーディオの背景と狙いについて、スコット・クレイマー氏にビデオ会議でインタビューした
Netflixが新たに投入した高音質オーディオの背景と狙いについて、スコット・クレイマー氏にビデオ会議でインタビューした

 Netflixオリジナル作品「ストレンジャー・シングス 未知の世界 2」の監督兼プロデューサー、脚本家でもあるダファー兄弟が、一般家庭のリビングに近い環境で自身の作品を視聴した際、いつもスタジオで体験する音声よりも品質が劣っていると気づいたのが17年のこと。そこからNetflixの開発者たちは「映像だけでなく、音声についてもクリエイターの意図に近い形でユーザーに届けたい」という思いを抱き、約2年をかけて今回の技術を練り上げてきたという。

一般的なユーザー環境ではクリエイターが意図する音声を再現できていないとダファー兄弟が指摘。そこから高音質オーディオの技術開発が始まった
一般的なユーザー環境ではクリエイターが意図する音声を再現できていないとダファー兄弟が指摘。そこから高音質オーディオの技術開発が始まった

 4Kやハイレゾなど、映像と音声のクオリティーにこだわる配信サービスには次世代通信規格「5G」が不可欠といわれているが、既存の4G LTEの技術をベースに“音のいいコンテンツ”を届けられるのが高音質オーディオ技術の特徴だ。ネットワークのトラフィック状況に合わせてオーディオのビットレートを自動で最適化しながら、ノイズや遅延を抑えた高品質な音声を実現しているという。

 たとえ低ビットレートでの配信時でも「ユーザーはスタジオ品質の音声を自宅で体験できる」とクレイマー氏は胸を張る。