2019年6月11日、集英社と講談社による共同プロジェクト「ジャンマガ学園」が卒業式(終了)を迎えた。22歳以下限定、2カ月間限定の漫画サイトに登録した生徒数(登録者数)は合計で104万6451人。短期間でこれだけの数の若者を集められた要因はシンプルに徹したことだった。

「マンガの学校」をコンセプトにした「ジャンマガ学園」は、新学期に合わせて4月8日にオープン。164もの作品を無料で公開し、若い世代が漫画を読むきっかけを作った
「マンガの学校」をコンセプトにした「ジャンマガ学園」は、新学期に合わせて4月8日にオープン。164もの作品を無料で公開し、若い世代が漫画を読むきっかけを作った

4月1日にまさかの告知、広告無し・課金無しが拡散を促進

 「ジャンマガ学園」は、少年コミック誌「週刊少年ジャンプ」(集英社刊)、「週刊少年マガジン」(講談社刊)など5媒体で連載中の164作品が無料で読める漫画サイトだ。

 このプロジェクトが週刊少年ジャンプ、週刊少年マガジンのTwitter公式アカウントで告知されたのは4月1日。この日はエープリルフールだけに、ライバル誌同士がタッグを組むというニュースに対して、ネット上には「ネタか?」「うそだろ?」の声が相次いだ。

 「それぞれの公式Twitterが告知したとき、双方ともに4000を超えるリツイートがあり、約1万の『いいね』が付いた。その時点で既に若者に届いた手応えがあった」と話すのは、「ジャンマガ学園」のサイトの企画・制作を担当したパーティー(東京・渋谷)の中村大祐氏。「その1週間後の4月8日に発表会を開いて各メディアに露出したところ、開設から2日間で約30万人の登録があった」。

ジャンプとマガジンの公式がTwitterで告知したのはエープリルフール。ライバル誌同士の共同プロジェクトだけにネットがザワついた
ジャンプとマガジンの公式がTwitterで告知したのはエープリルフール。ライバル誌同士の共同プロジェクトだけにネットがザワついた
4月8日に開催された週刊少年ジャンプ・週刊少年マガジン共同プロジェクト記者発表会。左が週刊少年ジャンプの中野博之編集長、右は週刊少年マガジンの栗田宏俊編集長。このプロジェクトの話が出たときには2人とも「相手が断ってくると思っていた」とのこと
4月8日に開催された週刊少年ジャンプ・週刊少年マガジン共同プロジェクト記者発表会。左が週刊少年ジャンプの中野博之編集長、右は週刊少年マガジンの栗田宏俊編集長。このプロジェクトの話が出たときには2人とも「相手が断ってくると思っていた」とのこと

 「ジャンマガ学園」の生徒数は、開設から3週間足らずで60万人、ゴールデンウイーク明けの5月7日には75万人に達している。またTwitterのジャンマガ学園のフォロワーも、開設から1週間で5000人を超えた。

 「ジャンマガ学園」がそこまで生徒を増やせたのは、「漫画を読ませる」ことに目的を絞り込んだからだ。例えば、サイトの操作性はシンプルなものにこだわった。最初に年齢認証を済ませれば、以降はログインの必要もなく、すぐに漫画を読み始めることができる。また、複数の漫画サイトに共通する操作性をできるだけ取り入れ、普段はほかの漫画サイトを利用しているユーザーでも違和感なく操作できるようにしたとのことだ。

 「サイトを訪れたとき、ログイン認証が必要だと分かると3分の2が離脱してしまう。漫画をたくさん読んでもらうには、かっこいいデザインより、サクサク読めることが重要。コンテンツ力は十分なので、できるだけシンプルなサイトにすることを心掛けた」と中村氏。「いまどきの若者にとって、書店まで出向いて単行本を買う、アプリをダウンロードした上で課金するといったことはハードルになっている。だからこそ『ジャンマガ学園』は無料ですぐに読み始められるようにした」。

 加えて、マガジンポケット編集長の橋本脩氏は「毎日サイトに来てほしいとか、アプリに誘導したいとか、Twitterのフォロワーを増やしたいとか、それは制作側の都合。ユーザーがやりたいことではない。とにかく若者に漫画をたくさん読んでもらうのが『ジャンマガ学園』の目的。100万人という数字は結果として付いてきた」と語る。

 少年ジャンプ+編集長の細野修平氏も、広告などによるマネタイズの仕組みがなかったことが拡散を促したと分析する。「『ジャンマガ学園』には、見たくないものを見せられる、やりたくないことをやらされるというストレスがない。自分が読みやすいと思ったものは人にも勧めやすい。友人に勧めた後、『変な広告を踏まされた』とか言われたら嫌じゃないですか」。

 「みんなが漫画を読みたいことには疑いがない。それなら読ませてあげましょうと。サイトに来てパッと読んで、読み終わったら帰っていいよ、くらいの感じです」(橋本氏)

 拡散にも“シンプルさ”を取り込んだ。各話の最後にはLINE、Twitterにリンクを貼るアイコンに加えて「リンクをコピーする」というアイコンを用意。「リンクをコピーする」でコピーされるのは各話のURLそのもので、メールなどで送られた人はリンクをクリック(タップ)するだけでその作品にたどり着ける。「直接リンク先のURLを貼って(LINEやTwitter以外の方法で)拡散された漫画も多いと思うが、それは制作側からは把握できない」(細野氏)

左からマガジンポケット編集長の橋本氏、週刊少年ジャンプ+編集長の細野氏、サイトの企画・制作を担当した中村氏
左からマガジンポケット編集長の橋本氏、週刊少年ジャンプ+編集長の細野氏、サイトの企画・制作を担当した中村氏

 「ジャンマガ学園」に入学する際は年齢認証が必要だが、証明書の提示などはないため、いくらでも詐称できてしまう。最終的な生徒数104万6451人のうち、本当に22歳以下だったユーザーはどれくらいなのか。

 橋本氏は「こういったサービスをやるといつも思うのですが、日本人は真面目なんですよ。詐称しない。詐称して入った人は本当に少なかった」と言う。「具体的な数値は示せないが、想像されているよりはるかに少ないと思う。年齢認証をシンプルにしたのも、そういう理由からです」。

 日本人の真面目さについて中村氏は「年齢認証の際に23歳以上の年齢を(詐称することなく)入力して入学を拒否された人が40%ほどいる」と明かす。入学できた生徒は約100万人なので、70万人ほどが正直に年齢を入力して入学を拒否された計算だ。「22歳以下という条件があるので『自分は該当しない』とサイトに来なかった人も相当数いるはず」と中村氏は補足した。

年齢認証の際に23歳以上の年齢を入力すると入学を拒否される
年齢認証の際に23歳以上の年齢を入力すると入学を拒否される