新事業や新商品開発にトライ&エラーは付き物だ。しかし、事前にアイデアの価値を評価できれば、開発期間を短縮できる可能性がある。そんなニーズに応え、独自ツールでアイデアの価値を定量評価できるとうたうVISITS Technologiesの松本勝CEOが登場したイベントに参加した。

アイデアの価値を定量評価できるツール「ideagram」を提供するVISITS Technologies(東京・港)の松本勝CEO(最高経営責任者)。アイデア創出から新規事業化までのスピードが6倍になった例もあるという
アイデアの価値を定量評価できるツール「ideagram」を提供するVISITS Technologies(東京・港)の松本勝CEO(最高経営責任者)。アイデア創出から新規事業化までのスピードが6倍になった例もあるという

 イノベーションを目指す上で、社員などから出てきたアイデアの価値を客観的に評価し、実現可能性や将来性を見極めたい……。

 そんなニーズに応えるユニークなツール「ideagram」を提供しているのが、VISITS Technologies(東京・港)というスタートアップだ。ゴールドマンサックスで培った知見などを生かし、AI(人工知能)を活用した投資ファンドを設立し名を馳せた松本勝氏がCEO(最高経営責任者)を務める。ideagramで今度はイノベーションを実現したい企業からの注目を集めている。そんな松本氏が5月29日開催の「テクノロジーNEXT 2019」に登壇。「イノベーション実現のカギは、共感度の高いニーズの発見にある」と語った。

 日本ではイノベーションを「技術革新」と訳し、テクノロジーの視点からイノベーションを捉えることが多い。だが、本来のイノベーションは今まで組み合わせたことがないニーズとシーズの組み合わせであり、新しい価値を創出する「新結合」を意味する。

 ニーズには「あなたの困っていることは何か」を尋ねた時に答えが得られる顕在ニーズと、得られない潜在ニーズがある。「顕在ニーズと既存シーズ」「顕在ニーズと新規シーズ」「潜在ニーズと既存ニーズ」「潜在ニーズと新規シーズ」の組み合わせで生まれる新しいソリューションは、すべてイノベーションと呼べる。

 デザイン思考とは、イノベーションの源泉となるアイデアを生み出す思考プロセスに他ならない。そのプロセスは「共感」「問題定義」「創造」「プロトタイプ」「テスト」の5つのステップに分解できる。

 ここで重要なのは、「プロセスが共感から始まることにある」と松本氏は強調する。「誰がどんなことに困っているか」に気付かなければ、潜在ニーズを顕在ニーズに変えることができない。共感力は潜在ニーズの発見に役立つ。

 デザイン思考から生まれた製品として知られるアップルのiPodや任天堂のWiiは、それぞれ「友人の電車通勤を楽しいものにしてあげたい」「親子のコミュニケーションが生まれるようにしたい」という共感を形にした例だ。優れたデザイナーが共感からアイデアを発展させ、創り出した製品やサービスは、ヒットする確率が高い。