「婚活」という言葉が当たり前のように聞かれる今日、相手とのマッチング方法にDNAを用いた新たなサービスが登場。医学的にもDNAと嗜好性の相関は高く、学術誌『ネイチャー』に掲載されるほど。パートナー選びの新基準として定着するのかを探るべく、DNAを導入した婚活パーティーを取材した。

結婚相談所ノッツェが新たに遺伝子検査を用いた婚活サービスを行っている。希望条件にとらわれない婚活が始まった(写真/Shutterstock)
結婚相談所ノッツェが新たに遺伝子検査を用いた婚活サービスを行っている。希望条件にとらわれない婚活が始まった(写真/Shutterstock)

 結婚相談所「ノッツェ」を運営する結婚情報センター(東京・新宿)が、2019年1月に業界で初めて「DNAマッチング」サービスを開始した。それに伴い5月18日、同サービスの会員向けにマッチングパーティーを行った。年収や学歴、職種など希望条件で選ぶ婚活とは異なり、事前に行った遺伝子検査結果で相性数値を算出し、その数値のみを公表した状態で行うお見合いパーティーだ。

 サイバーエージェント子会社でマッチングサービスを手掛けるマッチングエージェント(東京・渋谷)の調査によると、インターネット上で恋愛や結婚のパートナーを探す「マッチングサービス」の2019年の国内市場規模は530億円になる見通し。前年度比37%増の成長市場で、24年には1000億円を超えると予想している。

唾液を採取して遺伝子を検査

 ノッツェの従来コース(ベーシックコース)は、入会金3万円(税別、以下同)、初期活動費用4万7500円のほか、月2人にお見合いを申し込めるプランで月会費が4500円かかる。一方DNAマッチングコースは、入会金3万円、DNA検査費用5万円、お見合いが成立したときのみ発生するマッチング料1万5000円、成婚料10万円となっている。初期活動費用がDNA検査費用に置き換わったと考えれば、それなりに納得がいく。

 遺伝子検査を請け負うのは、遺伝子検査など各種検査を実施する医道メディカル(東京・品川)。ノッツェのDNAマッチングコースに登録した会員には、遺伝子検査キットが届き、自身の唾液を採取して返送すると1カ月ほどで結果が出て、遺伝子の相性によるお見合いが可能となる。

 DNA婚活では、移植のドナー決定に使われるHLA(ヒト白血球抗原)遺伝子を検査している。HLAはヒトのほぼすべての細胞表面に存在する糖タンパク質で、その組み合わせは数万通り、全人類で約1万6000種類あるといわれている。

 スイスのベルン大学の研究では、男性4人、女性2人(21~25歳)に2日間同じTシャツを着続けてもらい、女性58人(平均26.0歳)、男性63人(平均25.7歳)がそのTシャツの匂いを評価した。その結果、男女ともにHLAタイプが異なる人の匂いを好ましく感じる傾向がみられた。

学術誌『ネイチャー』に掲載された、米シカゴ大学の研究では、男性6人(23~47歳)に2日間同じTシャツを着続けてもらい、未婚女性49人(13~56歳)にTシャツの匂いを嗅いでもらい、最も好ましい匂いと好ましくない匂いを選んでもらった。その結果、先に述べた研究結果と同様に、HLAタイプの違いが大きい人の匂いを好ましく感じる傾向がみられた。また、HLA遺伝子は両親から受け継ぐものだが、父親から継承されたHLA遺伝子と似たHLAタイプの人の匂いを好む傾向もみられた。

 DNAマッチングでは唾液からHLA遺伝子の配列を算出し、医道メディカルが作成したデータに配列をタイピングすると数値が出る仕組み。タイピングした配列が100%一致していれば相性0%、一致度が0%であれば相性100%として相性を割り出した。つまりDNAが「一致していない」ほど相性が良いというわけだ。「相性が良いとパートナーの体臭を魅力的と感じる度合いが高まり、パートナーに対する満足度が高まる」(医道メディカル代表の陰山康成氏)。

実際に参加者に配布されたDNA検査結果のサンプル。相手との相性結果のみ、参加者に知らされた
実際に参加者に配布されたDNA検査結果のサンプル。相手との相性結果のみ、参加者に知らされた