電通が、VRを利用した広告ビジネスやコンテンツビジネスの拡大に積極的に取り組み始めた。2019年5月23~6月3日まで、VR開発会社の米Survios(サビオス)と協力し、東京ミッドタウン日比谷にVR施設を限定オープン。利用者の反応から活用法を模索する。実際体験して見えた可能性と課題とは?

電通が東京ミッドタウン日比谷内に解説したVR施設「Survios Virtual Reality Arcade」
電通が東京ミッドタウン日比谷内に解説したVR施設「Survios Virtual Reality Arcade」

 米サビオスは、主にハイエンド向けのVRコンテンツを開発してきた企業だ。2017年の「VR Game of the Year」を受賞したVRゲーム『Raw Data』や、映画『クリード2』の公開に合わせて制作された『Creed VR』などが代表作。既存のIP(ゲームやキャラクターなどの知的財産)とコラボレーションしたVRゲームは没入感やクオリティーの高さで評価を受けている。

 このサビオスに、電通は同社が運用するコーポレート・ベンチャーキャピタル(CVC)ファンド「電通ベンチャーズ1号グローバルファンド(電通ベンチャーズ)」を通じて2016年に出資。以来、サビオスのビジネスを支援してきた。

 今回はサビオスが米ロサンゼルスで運営しているVR施設「Survios Virtual Reality Arcade」と同名のスペースを東京ミッドタウン日比谷に開設。米国の施設で人気が高いVRコンテンツ『Creed:Rise to Glory』を、来場者が無料で体験できるようにした。これは映画『ロッキー』のスピンオフ作品『クリード』を題材にしたVRボクシングゲームで、プレーヤーは同作のキャラクターになり、作中の別のキャラクターと対戦する。

映画『クリード』の登場人物になりきって、おなじみのキャラクターと対戦する。筆者が体験してみたが、キャラクター造形と映像のリアルさで没入感が高かった。4ラウンド目でアポロをKOしたときは、ガッツポーズで「えいどりあーん!」と叫びそうになった
映画『クリード』の登場人物になりきって、おなじみのキャラクターと対戦する。筆者が体験してみたが、キャラクター造形と映像のリアルさで没入感が高かった。4ラウンド目でアポロをKOしたときは、ガッツポーズで「えいどりあーん!」と叫びそうになった

広告ツールとしての可能性を模索

 電通の狙いは、サビオスとの提携を強化すると同時に、広告ツールとしてのVRの活用方法やコンテンツビジネスとしての可能性を模索することだ。

 既にウェブサイトやSNSなどでは動画広告が一般的になっているが、これらはページ内に割り込む形で挿入されることが多い。ただでさえユーザーの行動を妨げることがあるうえ、クオリティーが低かったり、ユーザーの嗜好と合わなかったりすると、かえってブランドや製品のイメージを毀損しかねない。そうでなくても、「最後まで見てもらえない可能性が高いのが弱点」と電通ベンチャーズ ベンチャーパートナーの渡辺大和氏は説明する。

 そこで注目したのが、近年増えつつあるVRコンテンツだ。VRや360度映像を使った広告の効果はまだ検証段階だが、「目新しさがある点、(映像を通じて)体験を提供できる点は従来の動画広告とは大きく異なる」(渡辺氏)。実際、旅行代理店が旅行先のVRコンテンツを来店客に体験させたところ、成約率が向上したといった実証データもあるという。ヘッドマウントディスプレーを装着して見るVRコンテンツは、最後まで見てもらいやすいのも強みだ。

 また、VRの常設施設が日本でも増えてきているように、VR自体がコンテンツビジネスとして発展する可能性もある。その場合の課題は、マネタイズだ。現状では、収益を体験料に頼らざるを得ず、そのため1人当たりの体験料が3000円前後と高額になることも多い。

 そこで、VRコンテンツに広告を盛り込み、マネタイズ方法を複層化することで、プレー金額を安く抑えて、楽しむためのハードルを低くするといった策も視野に入れている。VR広告の効果とともに、こうしたマネタイズ方法も検証していきたいという。