これまで国内ではハイエンドモデルのみだったソニーモバイルコミュニケーションズのスマートフォン「Xperia」に、ついにミドルレンジモデル「Xperia Ace」が加わり、NTTドコモから発売される。au、ソフトバンクもミドルレンジモデルを拡充し、ケータイ業界は「完全分離プラン」時代に突入した。

 2019年5月16日に開かれたドコモの新商品発表会。吉澤和弘社長のプレゼンテーションで、端末紹介のトップバッターとなったのが、ソニーのXpreia Aceだった。端末価格は4万8600円(税込み。以下同)で、同じく夏モデルとして発売されるハイエンドモデル「Xperia 1」の半値以下だ。海外市場ではXperiaのミドルレンジモデルが存在していたものの、国内で発売されるのは初めてのことだ。

 今までの発表会では、高機能な「ハイスペックモデル」から紹介されるのが通例。今回、ミドルレンジモデルから紹介されたのは「(端末代金と通信料金が切り離された)分離プランでは、3万~4万円台で買えるミドルレンジの端末が特に重要になる」(吉澤社長)からに他ならない(関連記事「シャープ、ソニーで対照的なハイスペックスマホの売り込み方」)。

吉澤社長のプレゼンテーションではまずスタンダードモデルが紹介された
吉澤社長のプレゼンテーションではまずスタンダードモデルが紹介された

 iPhoneのライバルとして強いブランド力を誇ったXperiaだが、ここ数年はじりじりとシェアを落としてきた。変わってアンドロイドスマホ分野のシェアトップに躍り出たのがシャープ。「AQUOS」のブランドイメージを生かしたミドルレンジモデル「AQUOS sense」を2017年に発売し、累計販売台数が200万台を超える大ヒットとなった。ドコモの料金割引プログラム「docomo with」の対象機種になったことに加え、au、ソフトバンクで分離プランがスタートし、ミドルレンジモデルの割合が増えたためだ。

 ハイエンドモデルにこだわり、シェア低下を甘受してきたソニー。しかし6月からドコモも分離プラン「ギガホ」「ギガライト」に移行することになり、ついに売れ筋のミドルレンジ市場への参入を決断したわけだ。

Xperia Aceの実力は?