通信環境と端末の進化によって、SNSは文字から画像、動画をシェアするツールに変化した。動画時代を謳歌する10代はさらに新たなコンテンツを共有している。それが位置情報だ。常に相手とつながり続けることに抵抗はないのか。垣間見えたのは「今どこ?」の連絡すら面倒と感じる若者の心理だった。

「Zenly(ゼンリー)」を使いこなす若い世代は、位置情報も1つのコンテンツという認識なのかもしれない(写真/鈴木朋子)
「Zenly(ゼンリー)」を使いこなす若い世代は、位置情報も1つのコンテンツという認識なのかもしれない(写真/鈴木朋子)

アクションしなくても位置情報が伝えられる

 自分の知り合いが今どこにいるのか、地図上で24時間確認できるアプリがある。それが「Zenly(ゼンリー)」だ。2019年5月21日現在、Android版のダウンロード数は500万を突破し、App Storeでもソーシャルネットワーキング部門のランキングでLINEに次いで第2位につけている。

 Zenlyは2015年にフランスZenly社が開発した、電話番号やIDをベースにつながった人の現在地を確認できる位置情報共有アプリ。FacebookやWeChatにも位置情報を共有し、近くに友人がいる場合に通知される機能はある。しかしZenlyは位置情報の共有に特化し、お互いに現在地を“見せ合い続けている”のが特徴だ。

 なお、17年には写真共有アプリ「Snapchat」を運営する米Snap社がZenly社を買収し、その後Snapchatに「Snap Map」という同様の機能が盛り込まれた。Snapchatは日本の10代にも「スナチャ」の愛称で親しまれ、自撮り機能が人気だが、位置情報を共有する場合はZenlyが利用されることが多い。

 Zenlyが搭載する機能は、「自分の現在地を公開する」「友達になった人の現在地と滞在時間」「スマホの電池残量の確認」「メッセージの送受信」「近くにいる人との通話」など。さらに友達を3人以上登録すると、自分の位置情報を閲覧された回数を知ることができる。位置情報ゲームのような仕掛けもあり、自分の訪問した先は地図上で白く塗りつぶされていく。そのエリアで移動範囲が広い人はランキング上位として友達に表示されるので、競い合いも楽しい。画面デザインも非常にポップで、イベントがあるとアニメーションとともにスマホがバイブする仕掛けなど、楽しい雰囲気が満載のアプリに仕上がっている。

Zenly画面。友達の居場所、電池残量などが画面に表示される
Zenly画面。友達の居場所、電池残量などが画面に表示される

 女子中高生向けのマーケティング支援などを手がけるAMFが18年11月に発表した「JC・JK流行語大賞2018」では、アプリ部門の第3位に「Zenly」が入った(ちなみに第1位はTikTok)。同社によると、「今どこにいる? という連絡が省ける」点が評価され、上位にランクインされたとのこと。

 確かに若者はLINEなどのチャットでも自分の居場所を伝え続ける。スマホを使うようになって「待ち合わせをしなくなった」とよくいわれるが、若いスマホネイティブは特にこの傾向が顕著だ。「夜ご飯食べよう。どこ辺りで」程度は決めても、後はその場のノリや気分で決めていることが多い。「家出たよー」「私はまだ着替えてる」など、常にチャットでお互いの様子を把握している。

 そこに当てはまるのがZenlyだ。Zenlyなら文字すら打つ必要がない。常に自分の居場所が相手に伝わり、普段の生活を知っている相手なら何をしているかも推測できる。今日はバイトなのか、オフで家にいるのか、わざわざ伝える必要はない。友人と一緒にカラオケ店にいることがZenlyに表示されれば、「私も合流したい!」と別の友人が連絡してくる。こちらから誘うことは気が引けても、向こうから乗ってくればラッキーという場合もあるだろう。