ネット広告事業のインタースペースは2019年5月15日、月額500円(税別)で、どの加盟店でも1杯目のドリンクが無料になるサブスクリプションサービス「welnomi(ウェルノミ)」を始める。加盟店は手数料がかからず、会員の集客が見込めるのが特徴。新たなビジネスモデルで、「食べログ」などのグルメサイトに挑む。

インタースペースは、月額500円(税別)で加盟する200店舗にて1日1杯以上無料で飲めるサービス「welnomi(ウェルノミ)」の提供を開始する(写真/Shutterstock)
インタースペースは、月額500円(税別)で加盟する200店舗にて1日1杯以上無料で飲めるサービス「welnomi(ウェルノミ)」の提供を開始する(写真/Shutterstock)

 welnomiの会員は、加盟店への来店1回につき、1杯目のドリンクが無料になる。同日でも、別の加盟店を訪れれば、その店舗でも1杯無料で飲めるため、加盟店をはしご酒すればその分お得になる、今後加盟店が増えれば月額制の、飲み歩きサービス、としても使えそうだ。インタースペースは3年で会員数10万人、売上高4億円を目指す。

 月額500円(税別)という価格は、およそビール1杯の価格。月に2回以上、加盟店に行けば元が取れる計算だ。「コスト優位性」をサービス価値と定めたため、非常に安価な価格設定となっている。ただし、インタースペースは飲食店と会員の仲介役であるプラットフォーマーにすぎないため、コストがほとんどかからない。会員料金の大半が利益になるため、低単価でのサービス提供が実現した。

 サービスはブラウザーで利用する。会員登録後にwelnomiのサイトから、訪問予定の加盟店ごとのページを訪れる。加盟店が指定するドリンク一覧から、飲みたい商品を選び注文ボタンをタップする。その画面を該当店舗の店員に見せるだけで、ドリンクが1杯無料で提供される。支払いにはクレジットカード決済が利用できる。

ウェブサイト上で注文する。今後はアプリ展開も視野に入れてるという
ウェブサイト上で注文する。今後はアプリ展開も視野に入れてるという

 加盟店はサービス開始当初、東京都内を中心に約200店舗。横浜や大阪など、全国主要都市にも加盟登録を拡大しつつある。ジャンルはイタリアン、居酒屋、バーなどさまざま。会員が訪れたくなる店舗をそろえなければ、サービスの継続利用は見込みにくい。そこで、インタースペースはクチコミで評価が高い人気店を中心に営業活動して、加盟店を拡大する。

 個人経営のような小規模店舗だけではなく、居酒屋チェーンの養老乃瀧も一部店舗の加盟が決まっている。ジャンルや規模にとらわれず、飲食店を選んで無料で1杯飲める体験価値を作ることで、これまで行ったことのないお店に行くきっかけ作りを狙う。提供するドリンクは、アルコール、ソフトドリンク問わず加盟店側で決められ、10種類まで登録できる。「ドリンクメニューのうち『久保田 萬寿』以外なら(他のドリンク全部)提供可能という」太っ腹な店もある(インタースペース取締役広告事業・新規事業管掌の塚田洋平氏)。