2009年から糖質カット商品を販売するシャトレーゼ(山梨・甲府)が、従来品よりさらに糖質をカットしたピザを、2019年4月25日発売した。今後は健康志向が高まるアジアで積極的に展開する計画だ。

シャトレーゼが発売した糖質カットピザの新製品。左から「糖質 85%カットピザ 5種のチーズ」、「糖質 83%カットピザ マルゲリータ」どちらも2枚入りで税込み356円
シャトレーゼが発売した糖質カットピザの新製品。左から「糖質 85%カットピザ 5種のチーズ」、「糖質 83%カットピザ マルゲリータ」どちらも2枚入りで税込み356円

 スイーツを中心に約400種の商品を扱うシャトレーゼ。糖尿病等で糖質制限を余儀なくされている人に、「安心してお菓子を食べてほしい」という願いのもと、2009年に糖質をカットした商品を開発・販売した。

 その後、食事の代替品が欲しいという利用者の要望で、12年に糖質カットのパンを、そして15年に業界初となる糖質カットのピザを発売した。「パンは、そのままでもおいしいが、ベーコンや卵など糖質の少ないものを挟んで食べる人が多い」と、シャトレーゼ研究開発課の小松彩華氏。あらかじめ具が載っていて、焼くだけで食べられるピザが人気を伸ばしていることから、従来品よりもさらに糖質をカットした新製品の発売を決めた。