決済ベンチャーのカンム(東京・渋谷)は2019年5月13日、表面にカード番号の表記が無いVisaプリペイドカードを日本で初めて発行する。セキュリティーとデザイン性の向上を目指して開発した。安心して持てるカードとして若年層をターゲットに利用拡大を図る。

カンムが提供する表側にカード番号の無いVisaプリペイドカード
カンムが提供する表側にカード番号の無いVisaプリペイドカード

 カンムは2016年から、Visaプリペイドカード「バンドルカード」の発行事業を展開している。このバンドルカードの新たなデザインとして、カードの表面に番号のエンボス加工や印字の無いデザインを追加する。これまで表面にあったカード番号と有効期限は、裏面に印字される。支払時に第三者からカード番号が見られにくいなど、これまでよりセキュリティーが高く安心して利用できる。

 バンドルカードは、銀行口座やコンビニエンスストアで必要な金額をチャージして利用できるプリペイドカード。他にも、NTTドコモの決済サービス「d払い」、仮想通貨の「ビットコイン」など、さまざまなチャージ方法に対応している。年齢制限、審査がなく、入会費や年会費が必要ないため、クレジットカードが持てない若年層でも手軽に作れるカードだ。

 利用には専用のアプリが必要になる。アプリをダウンロードし、生年月日や電話番号を登録すると、ネットショッピングなどインターネット上のVisa加盟店でのみ使える「バーチャルカード」が発行され、カード番号を持つことができる。アプリ内でチャージすると、すぐに利用が可能となる。希望者はアプリ内から手続きをすれば、プラスチックカードを発行できる。手数料300円で国内のVisa加盟店と海外のVisa加盟店(オンライン)で使えるカード「リアル」が発行され、同600円で国内外のVisa加盟店で使える「リアル+(プラス)」を発行できる。

 特徴的な機能としては、「ポチっとチャージ」が挙げられる。アプリで金額を入力すると即座にチャージされて買い物に利用できる後払いシステムだ。チャージした金額は、翌月末までにチャージ額によって変わる手数料と合わせて支払う。この支払いは、コンビニ、ネット銀行、銀行ATM(ペイジー)から選ぶことができる。

 バンドルカードは20代、30代が利用者層としては多く、コンビニやスーパーなどでの少額決済時によく利用されるという。バンドルカードの専用アプリは、ダウンロード数が120万件を超えている。

 このバンドルカードに、カード番号の表記が無いデザインが加わる。カード番号は裏面に表記されている。デザインは5色。リアルは白、黄の2色から選べる。リアル+(プラス)は赤、青、黒の3色から選べる。

リアルカードのみ、表側にカード番号の無いデザインを採用。バーチャルカードは既存のまま
リアルカードのみ、表側にカード番号の無いデザインを採用。バーチャルカードは既存のまま