ネスレ日本が2019年4月19~29日に開催した「ご当地キットカット ペアリング BAR」は、日本酒とご当地キットカットの最適な組み合わせをAI(人工知能)が提案するという目新しさが話題に。その背景には、地域色を打ち出し国内外のファンをつかむ“ご当地マーケティング”がある。

六本木ヒルズアリーナで開催された「ご当地キットカット ペアリング BAR」
六本木ヒルズアリーナで開催された「ご当地キットカット ペアリング BAR」

ネット時代の今、中田英寿が強調する地域固有の情報

 「ご当地キットカット ペアリング BAR」は、日本酒とご当地キットカットによるお薦めのペアリングが楽しめる仮設スタンド。お客は5つの質問に回答するとAIがその人の好みを判断し、日本酒110種類とご当地キットカット15種類の合計1650通り(1日150 通り×11日間)の中から最適な組み合わせを導き出し、セットメニューとして提案してくれる。今回、六本木ヒルズ内で開催された元サッカー日本代表の中田英寿がプロデュースする日本酒の祭典「CRAFT SAKE WEEK」の会場内に開設された。

今回使用したAIは「IBM Watson」をベースに開発。過去3年にわたり、延べ約400蔵を誘致した「CRAFT SAKE WEEK」の知見が生かされているという。診断にはタッチパネル式の専用機器を使用。「超能力を手に入れるなら?」「チョコレートはくちどけより香りが重視?」「誕生日や記念日のサプライズが好き」など、2択・3択や「YES」「NO」で答えていくと、AIが自分にぴったりのキットカットと日本酒のペアリングを選んでくれる
今回使用したAIは「IBM Watson」をベースに開発。過去3年にわたり、延べ約400蔵を誘致した「CRAFT SAKE WEEK」の知見が生かされているという。診断にはタッチパネル式の専用機器を使用。「超能力を手に入れるなら?」「チョコレートはくちどけより香りが重視?」「誕生日や記念日のサプライズが好き」など、2択・3択や「YES」「NO」で答えていくと、AIが自分にぴったりのキットカットと日本酒のペアリングを選んでくれる

 キットカットには地域に根差した原材料や特産物をテーマに、主に土産店で販売している「ご当地土産シリーズ」がある。国内のみならず、海外からの旅行客にも土産として人気の高い商品だ。「CRAFT SAKE WEEK」来場者の2~3割が外国人ということもあり、種類豊富なご当地キットカットと日本酒のペアリングを提示することで、チョコレートと日本酒の新しい楽しみ方を国内外に広めていこうというわけだ。

 中田は「ワイン・シャンパンとチョコレートという組み合わせはメジャー。日本酒にチョコレートというのは珍しいように思えるが、アルコールとチョコレートは長い文化があるので、日本酒が合わないということはないはず。このイベントを通して、ペアリングの新しい発見をしてほしい」と抱負を語った。

 さらに「インターネットが普及したことで、国や言葉など関係なく情報を調べられるようになったが、均一化されたものしかない。その中での新たな発見となるのは、地方の誰も知らないような情報ではないかと考えている。自分が足を運んで初めて分かったことや、地元の人たちだからこそ知っているような情報が価値を持っていくと思うので、今後は商品や素材だけでなく、地方も盛り上げられるような取り組みをしていきたい」と、ネット時代の今だからこそ、地域固有の情報の価値が高くなっていることを指摘した。

会場に姿を現した元サッカー日本代表の中田英寿
会場に姿を現した元サッカー日本代表の中田英寿