LINEは2019年4月16日、小説プラットフォーム「LINEノベル」を開始した。専用アプリで人気作家の作品が読める他、小説の投稿も可能。出版社9社が参画し、有望な新人発掘にもつなげる。さまざまなコンテンツ配信を展開するLINEが、事業領域をテキストにまで広げてきた。

「LINEノベル」発表会にて。左からLINE執行役員プロデューサーの森啓氏、日本テレビ放送網プロデューサーの植野浩之氏、乃木坂46の高山一実氏、アニプレックスプロデューサー高橋祐馬氏、ストレートエッジ代表取締役兼LINEノベル編集長の三木一馬氏
「LINEノベル」発表会にて。左からLINE執行役員プロデューサーの森啓氏、日本テレビ放送網プロデューサーの植野浩之氏、乃木坂46の高山一実氏、アニプレックスプロデューサー高橋祐馬氏、ストレートエッジ代表取締役兼LINEノベル編集長の三木一馬氏

 YouTubeやInstagramなど、ビジュアル系コンテンツが人気の現在、今回、あえて小説というテキストコンテンツに着目したLINE。その理由について、同社取締役CSMO(最高戦略・マーケティング責任者)の舛田淳氏は「ビジュアルコンテンツと違って、ワンフレーズから想像力を育めるテキストコンテンツは、まだまだ可能性がある」と説明する。

LINE取締役CSMO(最高戦略・マーケティング責任者)の舛田淳氏
LINE取締役CSMO(最高戦略・マーケティング責任者)の舛田淳氏

 「LINEノベル」が提供するサービスは、小説の「読書」と「投稿」の2つ。同社がまず事業として可能性を見いだしているのは「読書」のほうだ。同社執行役員プロデューサーの森啓氏は「まずはプラットフォームを成長させることが大事。そのために読者数を増やしたい」と話す。小説を投稿するより、読むほうがはるかにハードルが低い。またいくら投稿があっても、読者がいなければ事業の芽は断たれる。そこで第一ステップとしては、LINEノベルのファンを増やしてビジネスの基盤を固めようというわけだ。

LINE執行役員プロデューサーの森啓氏。令和小説大賞の審査員も務める
LINE執行役員プロデューサーの森啓氏。令和小説大賞の審査員も務める

 読者獲得には魅力的な作品が不可欠。LINEノベルでは宮部みゆきや伊坂幸太郎、川原礫(れき)をはじめとする、人気作家の約200作品が読める。さらに今回、LINEは自ら『LINE文庫』『LINE文庫エッジ』という2つのレーベルを立ち上げた。レーベルの統括編集長にライトノベルの編集者として知られるストレートエッジの三木一馬氏を迎え、原田マハ、中村航、鎌池和馬など人気作家による限定書き下ろし作品を投入する予定だ。

 ただし、読書サービスが始まるのは2019年の夏から。読書には専用の「LINEノベル」アプリが必要となる。アプリのダウンロードは無料で、アイテム課金を導入するという。

1話単位の販売で読書のハードルを下げる

 さらに読者を引き付ける仕掛けがある。それはLINEノベルが作品を「話売り」する点だ。1冊の本を約2000文字ごとで区切り、1話、2話……というように、細かくバラした形式で販売する。「通勤や通学の電車に乗っているほんの数分で読めることを想定した」(森氏)。

 漫画やSNS、ゲームなどさまざまなコンテンツがあふれ、スマートフォンを触る時間の奪い合いが起きている現在、「(デジタル)小説は読者にとって敷居の高いものになっている」と森氏。小説への接触機会を増やすには、コンテンツを小割りにする「話売り」が有効と考えた。確かに1話当たりの読む負荷が下がれば、すき間時間で気軽に楽しめるだけでなく、アクセス頻度の向上にもつながるだろう。料金も低く抑えられるため、読者は面白ければ払い続ければいいし、つまらないと判断したらその段階でやめればいい。