NTTドコモは2019年4月15日、新料金プランを発表した。2~4割程度の値下げを実現したというが、端末料金の値引き施策に関しては言及がなかった。政府の働きかけが発端となった料金改定。本当に消費が動くかを見極めるには、夏商戦向けの端末料金の発表を待つ必要がありそうだ。

NTTドコモは2019年4月15日、新料金プラン「ギガホ」と「ギガライト」を発表。基本料やパケット代などを1つにまとめ、シンプルさを重視したプランとなる
NTTドコモは2019年4月15日、新料金プラン「ギガホ」と「ギガライト」を発表。基本料やパケット代などを1つにまとめ、シンプルさを重視したプランとなる

 通信料金と端末代金を分離した「分離プラン」を軸とした、新しい料金プランを2019年に導入するとしていたNTTドコモ。そのNTTドコモが2019年4月15日、新料金プラン「ギガホ」「ギガライト」の発表会を実施し、その概要を明らかにした。

 これら2つのプランはいずれも、従来バラバラになっていた基本プランとインターネット接続サービスのspモード、パケット通信サービスを1つにまとめている。データ通信を積極的に利用する人向けの大容量プランが「ギガホ」、通信量が少ない人向けのプランが「ギガライト」となる。

 ギガホは月当たり30ギガバイトの通信容量を利用できるプランで、自動更新と解約金が発生する2年定期契約の場合、月額6980円(2年定期契約なしの場合はプラス1500円)となる。月の通信量が30ギガバイトを超えた場合は、通信速度が最大毎秒1メガビットに制限される。従来のプランでは速度制限時の通信速度が毎秒128キロボットにまで低下してしまうため、制限後はインターネットサービスの大半が利用困難だった。ギガホでは「ほとんどのインターネットコンテンツは使い放題と言っていい」と、NTTドコモの吉澤和弘社長は自信を示す。

「ギガホ」は毎月30ギガバイトの高速通信ができるプランで、使い切った後も毎秒1メガビットと、そこそこの速度で通信できるのがポイント。後述の「みんなドコモ割」(3回線以上)を適用すると5980円になる
「ギガホ」は毎月30ギガバイトの高速通信ができるプランで、使い切った後も毎秒1メガビットと、そこそこの速度で通信できるのがポイント。後述の「みんなドコモ割」(3回線以上)を適用すると5980円になる

 ギガライトは、毎月の通信量に応じて料金が変化する、段階制のプランだ。2年定期契約ありの場合、ステップ1(月当たり1ギガバイトまで)が2980円、ステップ2(3ギガバイトまで)が3980円、ステップ3(5ギガバイトまで)が4980円、ステップ4(7ギガバイトまで)が5980円となる。7ギガバイトを超えた場合は通信速度が毎秒128キロビットに制限される。

「ギガライト」はデータ通信の使用量に応じて1~7ギガバイトまで料金が変化する段階制のプラン。「みんなドコモ割」(3回線以上)の適用で1980円から利用できる
「ギガライト」はデータ通信の使用量に応じて1~7ギガバイトまで料金が変化する段階制のプラン。「みんなドコモ割」(3回線以上)の適用で1980円から利用できる

 これら2つのプランに、家族以外との通話を定額にする「音声オプション」を組み合わせる。5分間の無料通話ができる「5分無料通話オプション」(月額700円)と、国内通話が無料になる「かけ放題オプション」(月額1700円)の2つが用意されている。従来「カケホーダイライトプラン」を契約していた人は前者、「カケホーダイプラン」を契約していた人は、後者のオプションを追加すればよい。