中堅コンビニのポプラが、バーコードをスキャンすることなく、商品を画像認識で識別して会計できる無人レジを実戦投入。昼休みなどレジが混み合う時間の処理能力が3倍にアップするほか、直面する人手不足問題の解消にもつなげる狙いだ。

4月12日から「生活彩家 貿易センタービル店」で2台が稼働を始めた
4月12日から「生活彩家 貿易センタービル店」で2台が稼働を始めた

 人手不足に悩むコンビニ業界の“救世主”になるか――。客が品物を台の上に置くだけで品物を自動認識し、会計までできる画像認識無人レジがついに実店舗にお目見えした。4月12日から中堅コンビニチェーンのポプラが東京・浜松町で運営する「生活彩家 貿易センタービル店」で実際の運用を始めた。

 導入されたのは、サインポスト(東京・中央)が開発した「ワンダーレジ」。同社はJR東日本スタートアップと組んで「Amazon Go」型のレジレス無人決済店舗の実証実験に取り組んできた。(関連記事「JR東がAmazon Go型キオスクに本腰 子会社通じ専門会社設立へ」)今回導入されたワンダーレジは、店舗そのものを無人化するソリューションではなく、レジのみを無人化するもの。「初期導入コストは1台当たり100万円以下」(サインポストイノベーション事業部の波川敏也・AIレジ部長)と、比較的導入しやすいコストとなっている。

既存の有人レジと併存する
既存の有人レジと併存する

ユーザーを限定した実証実験から一歩踏み出す

 ワンダーレジはこれまで、電気通信大学の生協やJCBの社員向け店舗などで実証実験が行われてきた。(関連記事「無人のレジで買い物新体験、商品の映像を認識して自動精算を実現」)しかし、不特定多数の客が利用できるのは、この生活彩家 貿易センタービル店が初だ。これまでの実証実験店舗と比べると、品数も利用客も格段に多く、実用化の段階に足を踏み入れたといえる。

 同店はオフィスビルの地下にある小型店舗で、総アイテム数は3000ほどと少なめ。無人レジで取り扱うのは、そのうち食品と飲料の約1500アイテムだ。食品の中には、弁当なども含まれる。弁当は具材の盛り付けに微妙なばらつきがあるが「事前に複数のパターンを読み込ませることで、問題なく認識できる」(波川氏)。表面を覆う透明ラッピングにより、光の反射でパッケージが読み取りにくかったカップラーメンなども、認識精度が上がっているという。ただ、ペットボトルは必ず横に寝かせて置かなければならない。立てて置くとキャップしか読み取れず、商品の違いが判別できないためだ。

商品は5点ほど同時に読み取れるが、重ねて置かない、横に寝かせるなどの注意点がある
商品は5点ほど同時に読み取れるが、重ねて置かない、横に寝かせるなどの注意点がある
数秒で商品が認識され、そのまま会計へと進める
数秒で商品が認識され、そのまま会計へと進める
レジ上部のカメラで商品の形状や柄を認識している
レジ上部のカメラで商品の形状や柄を認識している

 年齢確認が必要な酒類にも対応。酒類が台に置かれた場合は、店舗スタッフが持つスマホアプリに通知が行き、スタッフが購入者の年齢を確認して承認する仕組みをとる。

 雑貨類が対象から省かれたのはなぜか。ポプラ関東地区本部長の上野雅弘氏によると、「例えば下着の場合、MサイズとLサイズの見た目はほぼ同じ。違いはサイズ名くらいだが、画像認識では文字情報を読み取っているわけではないため、判別できない」からだという。

 またコンビニはアイテム数が多いだけでなく、入れ替わりが激しいのも特徴。そのため、1週間に1回ほど、新商品をポプラからサインポストに送り、画像を登録するという。また試験導入の段階のためポプラのPOSシステムとはつながっておらず、価格情報などもサインポスト側で入力している。

年齢確認商品を識別すると、年齢確認のボタンが表示される
年齢確認商品を識別すると、年齢確認のボタンが表示される
年齢確認のボタンが押されると、店舗スタッフのアプリに通知が来る。対面での確認を経て、決済に進める
年齢確認のボタンが押されると、店舗スタッフのアプリに通知が来る。対面での確認を経て、決済に進める