競合サイト分析ツールを提供するイスラエル発のWebマーケティング支援会社シミラーウェブが、2つの手立てで日本市場に攻勢をかける。まず顧客の信頼獲得のため、非開示だったデータの収集・分析の仕組みを一部開示。併せて2019年4月から、特定業種向けに機能を特化したスイーツ製品(業種向け分析ツール)の提供を開始した。

シミラーウェブ(SimilarWeb)のキャリー・ラゾルチャクCRO(チーフ・レベニュー・オフィサー)
シミラーウェブ(SimilarWeb)のキャリー・ラゾルチャクCRO(チーフ・レベニュー・オフィサー)

 シミラーウェブは3年前から、競合サイト分析ツール「SimilarWeb」を、代理店を通じて日本市場に提供してきた。競合サイトがどんなユーザーにどのように利用されているかを、いわば“丸裸”にするツールの分析精度は高く、キャリー・ラゾルチャクCRO(チーフ・レベニュー・オフィサー)が、「日本市場では3年で1000%の成長を達成した」というほど、売り上げを順調に伸ばしてきた。

 一方で、大量のWebサイトの情報を収集しているにもかかわらず、そのデータ収集手法や分析技法を非開示としてきたため、「イスラエルで開発された、合法とは言い難いデータ収集手段を用いているのではないか」という顧客の懸念を払しょくし切れていなかった。世界中でデータの無断収集・活用を厳しく断ずる最近の傾向もあり、長い目で見た場合、顧客の離反を招く恐れがあった。

 そこで、顧客の懸念を払しょくするため、2019年に入ってデータの収集・分析について一部を開示した。

SimilarWebのデータ収集とデータ推計の概念
SimilarWebのデータ収集とデータ推計の概念

 まずデータの収集については、データパネルとして登録した端末から、その端末を使うユーザーのネット上の行動データを把握・取得することを基本としている。収集するのはあくまでネット上の動きのみで、個人情報は取得せず、IPアドレスやCookieは利用しない。ユーザーのWebサイト内の行動を把握できる仕組みをSimilarWebが用意し、提携先のアプリに組み込む。ユーザーが自分の利用する端末に、ブラウザーの拡張機能を用いて提携先のアプリをアドオンすると、その端末がパネルに登録されたことになるわけだ。ただし、どのアプリが提携先か、どのくらいの数の端末がパネルとして登録されているかは、非開示のままだ。

 また、シミラーウェブは提携先と、「データ取得方法が各国の個人情報に関する法律に準拠していること」「シミラーウェブにいかなる個人情報も渡らないこと」を明示した契約を締結。ユーザーがアドオンを追加する際に、シミラーウェブにデータが渡っていることをユーザーに明示するかどうかは、提携先に事実上、判断を任せている。従って、提携先アプリがシミラーウェブにデータが渡っていることを明示していなければ、ユーザーはその事実を知らないこともあり得ることになる。

 またシミラーウェブは、パネルから収集したデータを分析する際の推計アルゴリズムを補完するため、ユーザーのネット上の行動データを、ISPやこうしたデータを持つ他の企業から購入している。さらに、インターネットの中をクローリングしてWebサイトやアプリストアの公開情報を収集したり、多数のサイトやアプリから、管理者が利用する直接計測データ(管理者が米グーグルや米アドビ、アップルストアなどの計測サービスから取得)の提供を受けたりして、データ分析に用いる推計アルゴリズムの見直しや精度向上に役立てているという。こうした手法でデータの収集・分析を進めることで、シミラーウェブは、特定のサイトの利用のされ方を、高い精度で分析できるというわけだ。